HOME > 地域記者ブログ > 2018.03.10(土) 白鳥の北帰行始まる!夕陽と白鳥を撮影。 [会津]

地域記者ブログ

2018.03.10(土) 12:03
白鳥の北帰行始まる!夕陽と白鳥を撮影。 会津

深紅にフレアする落日
福島県の天空湖で知られる猪苗代湖。
毎年10月になると、数千羽の白鳥がシベリアから飛来して冬を過ごしています。餌場となる冬場は、猪苗代周辺田畑は積雪状態となるため、奥羽山脈を越えて白河市。須賀川市。郡山市から二本松に至る中通り地域まで出掛けています。

中には、同じグループが会津盆地まで餌を求めて早朝から飛び立っていきます。3月は、真っ赤に輝き(フレア)ながら落日する風景が見られます。幸運なチャンスに巡り合えたら、夕陽を背景にして、餌場から戻る白鳥の群れに遭遇できるかもしれません。年に一度の撮影チャンスは、3月下旬までとなります。

会津磐梯山と猪苗代湖

会津磐梯山と猪苗代湖

会津磐梯山と猪苗代湖

もう直ぐ北に飛び立つ白鳥

メインスポットは、北に磐梯山。南に風車を見られるR49号線沿いにある志田浜地域です。
2Kmにも及ぶ長い砂浜。足場も良好なので、ハードな装備は必要ありません。白鳥の他にも、人懐こいカモ類が多数います。

落日と白鳥

落日と白鳥

天然温泉かけ流し

天然温泉かけ流し

「押立温泉さぎの湯旅館」
傷を癒しているサギや動物たちを「追っ払い」!人様の湯治湯として開湯したと云われているのが、磐梯山麓にある「押立温泉(おったておんせん)」です。安政2年に開湯したさぎの湯は、昭和ロマンの雰囲気を今に残しているお宿です。昭和初期までは、裏山に自噴している硫黄泉を薪で沸かして使用していました。経済発展と共に、石油ボイラー機器を導入。しかし、硫黄泉質が強く鉄製配管が数年で破壊されてしまった。現在は、グランドサンピアの天然温泉を送湯管で配湯。其の侭かけ流しですので、季節によっては温度に差があります。

撮影の後は、春のなごり雪を眺めながら磐梯山麓押立温泉さぎの湯で、天然温泉を満喫してみては如何でしょうか。泉質は強塩単純温泉ですから、温まった体の表面を保護する性質なので、湯上り後一時間ほどは額に汗します。神経痛で悩んでいる方には、特にお勧め致します。

窓の外は大自然

窓の外は大自然

安政年の硫黄泉

安政年の硫黄泉

白鳥の北帰行撮影ポイント
猪苗代湖畔レイクサイド磐光ホテル周辺。
猪苗代町壺楊浜130-3
レイクサイド磐光ホテル:0242-66:2711
一室4名様平日お一人様料金:8,424円

昭和浪漫 湯治の宿さぎの湯
猪苗代町押立温泉
一泊二食お一人様料金:二名様以上7,000円~。
http://www.saginoyu.biz/別ウィンドウで開く

【記者: 渡辺 良雄