メニュー
Jpn
検索

2019.08.01(木) 15:08 花火の里浅川町「サッカーフェステバル」

  • 県中

「浅川町歴史」
浅川町は福島県中通りの南部に位置し、阿武隈山系の雄大な自然と田園風景に囲まれた緑豊かな町です。特に有名なのが、浅川花火大会です。
浅川の花火は、お盆の伝統行事として300年来の歴史があり人々に親しまれてきました。花火の起源説の一つに、江戸後期、寛政10年に起こった農民一揆「浅川騒動」の犠牲者供養説が残された諸文献等からも有力視されており、江戸時代から続く伝統の花火大会として、町の無形文化財に指定されています。
毎年お盆の8月16日に開催される花火大会当日には、一揆首謀者が処刑されたと伝わる河川敷の「弘法山」公園で戊辰戦争をはじめ日清、日露戦争及び太平洋戦争での戦没者を供養するため神仏混交での慰霊祭が粛々と執り行われます。

現在、この慰霊行事を含めた花火大会は、町の市街地を二分する各行政区に存在する本町、荒町の両町青年会の若者がその伝統を継承しています。かつて青年会への加入資格には厳しい条件があり「浅川両町に居住する本家の長男」あるいは「浅川両町に三代居住する家の長男」でなければ加入が認められず、花火大会にまとう両町青年会の法被は、町の若者たちの憧れであり、法被をまとう青年会諸君はその名誉と誇りを背負い花火大会に臨んでいます。

花火の里お盆の花火大会
花火の里お盆の花火大会

花火の里お盆の花火大会

地雷花火

今年で32回目を迎える花火の里サッカーフェステバル
県内外から、U12チームが16団体。U10部門16チームが、二日間に渡り参戦いたしました。フットサルサイト郡山からは、U10にアドバン選抜と選手コールの二チームが挑みました。初戦も難なく突破して、二チーム共2戦勝ち上がり、準々決勝まで進みました。その結果は、何と前代未聞な同教室2チームが決勝戦となったのです。
いつも和気藹々の仲間同士が、全力で戦うんですよ!決勝結果は、やはり選手コースで鍛えているエストレージャス選手が7対0で勝利しました。

勝利の勝鬨かと思ったら、真っ先に駆け付けたのは浅川町スタッフの氷水屋です!イチゴからメロン迄、お好みの味を注文!目の前で、スタッフ汗だくで氷を削り出してくれました。
選手達にとっては、楽しい浅川の思い出になった事でしょう。

浅川町グラウンド到着
浅川町グラウンド到着
表彰式
表彰式

浅川町特産品
●浅川名物魔除花火
悪疫退治、無病息災の願いを込めて打ち上げられた花火の「カラ」に古文書の写しを貼付けた魔除花火。
●純米生原酒あさかわ
浅川産米コシヒカリを100%原料とした、期間限定販売の生原酒です。フルーティーな味と香りが女性にも人気です。
●漢方資材栽培米
漢方資材栽培米(コシヒカリ)とは、化学肥料や農薬の代わりに漢方資材を利用し栽培した浅川町特産のお米。豊かな自然環境で生産され、食味に優れていると評判。

【お問い合わせは浅川町役場総務課まで】
〒963-6292 福島県石川郡浅川町大字浅川字背戸谷地112-15
TEL 0247-36-4121/FAX 0247-36-2895

フットサルサイト郡山
フットサルサイト郡山
協賛ゼビオスポーツ
協賛ゼビオスポーツ

フットサルサイト郡山
随時サッカースクール生徒簿集中です。
U8.U10.U12.U15。
お問合せ先
〒963-0111 福島県郡山市安積町荒井 字大池下20
TEL:024-973-5296
http//www. futsalsite.com





【記者: 渡辺 良雄

地域記者ブログ新着情報