HOME > ikube福島 > 会津地方

ikube福島 会津地方

中通り

恵まれた自然と武家の精神
(会津、南会津)

福島県西部一帯を占めているのが会津エリアです。
会津地方は、会津若松市、喜多方市を中心とした北側の会津エリアと、南会津、桧枝岐、下郷などを中心とした南会津エリアにわかれます。

会津エリア (会津若松市・喜多方市・猪苗代町・磐梯町・会津・美里町・会津坂下町・柳津町・三島町・金山町・西会津町・昭和村・北塩原村・湯川村)

会津は豊かな自然にも恵まれており、新緑や美しい花々の春、猪苗代湖をはじめとした美しい湖面を楽しめる夏、鮮やかな紅葉が見事な秋、そしてしんしんと降る雪も格別な冬。 四季折々様々な自然の美しさを楽しめます。また、歴史や文化も大きな特徴です。

雄国沼湿原 (喜多方市)

観る

■全国でも貴重な手つかずの自然

 雄国沼湿原は、喜多方市東部に位置し、約50万年前の猫魔ヶ岳の火山活動によって誕生したカルデラ湖、雄国沼にできた標高1000mを越える高原です。この高原の高山植物は、雄国沼湿原植物群落として、昭和32年から国の天然記念物に指定されています。


■この世の楽園、ニッコウキスゲの大群落

 夏の雄国沼湿原は、厳しい冬を乗り越え、春の日差しを受けた高山植物が湿原一面に咲き誇る景色を堪能できる、一番良い季節です。

三ノ倉高原花畑 (喜多方市)

観る

会津盆地を一望できる三ノ倉スキー場のゲレンデなど約8.3ヘクタールを利用し、春には菜の花が、夏から秋にかけては、東北最大の約250万本のヒマワリが咲き誇ります。眼下に広がる花のじゅうたんと自然の織りなす景観は息を呑むほどの美しさです。見晴らしの丘には、菜の花やヒマワリの花言葉にちなみ「幸福の鐘」が設置されております。それぞれの願いを込めて鐘を鳴らしてみませんか。

達沢不動滝 (猪苗代町)

観る自然

滝に不動尊を祀り、陰暦4月19日の祭には参拝客が多く、中ノ沢温泉から車で約5分、徒歩約10分で行ける人気の高い美しい滝です。
いなわしろ新八景、第二番。

南会津エリア (南会津町・下郷町・只見町・桧枝岐村)

南会津エリアは平均の標高が約500メーターあり、四方を美しい山に囲まれていて四季を通じて自然と遊べるエリアです。 尾瀬の麓にあたり、水がきれいで温泉も多く、冬は雪質が良いので周辺のスキー場に多くのスキー客が訪れます。 また、伊南川のアユやそばが美味しいことでも有名です。

高清水自然公園 ひめさゆり群生地 (南会津町)

観る

高清水自然公園のひめさゆり群生地は、標高850メートルの山の上にあり、7ヘクタールの面積に100万本の「ひめさゆり」が自生しており、その規模は日本一と言われています。
国道401号から群生地駐車場までの林道は狭いながらも舗装されており乗用車で上がることができます。

大内宿 (下郷町)

泊まる

江戸時代には会津西街道の宿駅として栄え、旅の要所として重要な役割を果たしてきた地域。整然とした屋敷割や本陣、脇本陣など当時の姿をとどめている。国重要伝統的建造物群保存地区。

街道沿いに並ぶかやぶき屋根の家々。まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような錯覚におちいる。これほどまでになぜ保存することができたのか・・。歩きながら色々と思いを巡らせていると、「よってがさんしょ」と店の人が会津弁で声をかけてくれた。そばをはじめとして、地元のおいしいものが並んでいる。不思議ではあるが、懐かしく、穏かな気持ちになれるだろう。

会津駒ヶ岳 (檜枝岐村)

体験スポーツ・アクティビティ

山頂周辺は無数の池塘と高山植物があり、女性的な優しさに出会える山です。