HOME > ikube福島 > 浜通り

ikube福島 浜通り

中通り

心地よい潮風と見事な眺望
(相双、いわき)

県の東側、太平洋に面したエリアです。
浜通りは北側は相馬市、南相馬市、双葉郡を中心とした相双(そうそう)エリア、南側はいわき市を中心としたいわきエリアからなります。

相双エリア (相馬市・南相馬市・新地町・浪江町・富岡町・楢葉町・双葉町・大熊町・広野町・飯舘村・川内村・葛尾村)

福島県東部一帯を占めているのが双相エリアです。夏は涼しく、冬は比較的温暖で雪の少ないエリアとなっています。 現在は原発の関係のため一部入れないエリアもありますが、震災復興にいち早く取り組み、元気頑張っています。 伝統ある相馬野馬追(国重要無形文化財)や、2013年のB-1グランプリで1位となった「なみえ焼きそば」のように全国に誇れる祭りやグルメがあるエリアです。

新地町総合公園 (新地町)

体験スポーツ・アクティビティ

体育館・野球場・陸上競技場・テニスコートなどを完備している「新地町総合公園」
スポーツに汗を流す人々や、運動不足の解消に訪れる人など、多くの人々が足繁く通っています。
また、園内にある「こどもの森」には、各種遊具や休憩所などが設けられており、休日ともなると、多くの家族で賑わいます。

※現在、仮設住宅建設のためご利用できません。園内にある「こどもの森」の、各種遊具のみご利用頂けます。

二ツ沼総合公園 (広野町)

観る春(3月~6月)

約370本の桜があり、公園内は花見の場所として賑わう。また、公園付近の桜並木もきれい。

木戸川渓谷 (楢葉町)

両岸は緑につつまれた断崖、奇岩、滝が散在しており、新緑・紅葉時は見事。約40分ほどの遊歩道がある。※地震被害を受けており大変危険ですので、遊歩道には立ち入らないでください。また、渓谷周辺では復旧工事等が行われ道路が封鎖されている場合があります。ご了承ください。

いわきエリア (いわき市)

いわき市は、福島県の東南端に位置し、南端は茨城県、東は太平洋に接しており、夏は涼しく冬は温暖で、とても過ごしやすい気候が特徴です。 さらに、日照時間は全国有数の長さを誇っており、人にも自然にも太陽の恵みがたくさん降り注ぐあたたかいエリアです。

塩屋埼灯台 (いわき市)

観る施設

薄磯海岸の海抜73メートルの断崖に立つ白亜の灯台で、明治32年(1899年)に開設された。今でも沖合40キロの海上まで光を放ち、船の安全を守っている。映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台となった灯台としても知られる。ふもとには美空ひばりの歌碑が建立され、多くの観光客が訪れている。
青い水平線と黒松の樹帯にある白い灯台。

夏井川渓谷 葡萄の里 (いわき市)

体験果実・野菜狩り

スチューベン、ベリーA、ナイアガラなど様々な品種が栽培されております。山間の自然豊かな農園で作られたぶどうをゆっくりと味わってみて下さい。

ぶどう
9月上旬~10月下旬
中学生以上 1,200円/子ども 800円/3才以下 無料

いわき市石炭・化石館 ほるる (いわき市)

観る歴史・文化

常磐炭田の歴史と資料、市内各地から発見された数々の化石を展示。昔の炭住生活の様子を再現した生活館や、採炭の歴史を再現した模擬坑道もあり、楽しみながら歴史にふれることができる。いわき市で発見されたフタバスズキリュウの化石などがあり、訪れる人を感動の世界へと誘います。
盲導犬入館可。車イス貸出可。車イス使用者対応トイレ有。