HOME > ikube福島 > 中通り

ikube福島 中通り

中通り

美しい花々と豊かないで湯の里
(県北、県中、県南)

県中央部、奥羽山脈と阿武隈山地にはさまれたエリアです。
中通りは北から順に、県北(けんぽく)、県中(けんちゅう)、県南(けんなん)エリアにわかれています。

県北エリア (福島市・二本松市・本宮市・伊達市・桑折町・国見町・川俣町・大玉村)

県北地域は、中通りの北部に位置しています。吾妻・安達太良連峰、阿武隈山地の景観やスカイライン等の有料道路、さらに飯坂温泉をはじめとした数々の温泉地など、 多くの観光資源を有するとともに、もも、りんご、なし等全国有数の果樹地帯を形成しています。 エリア内には、磐梯朝日国立公園のほかに、霊山、霞ヶ城、阿武隈高原中部の3カ所の県立自然公園があります。

福島稲荷神社 (福島市)

観る歴史・文化史跡・文化財

永延元年(987年)に陰陽師安倍清明により建設されたといわれており、「おいなりさん」の愛称で広く福島市民に親しまれています。秋の例大祭では数多くの露店が立ち並び、山車が一斉に繰り出します。

合戦場のしだれ桜 (二本松市)

観る春(3月~6月)

八幡太郎義家と安倍貞任・宗任との合戦場と伝わる地に立つ2本のベニシダレザクラ。「三春の滝桜」の孫桜と言われており、滝が落ちるような見事な紅の花を咲かせる。推定樹齢は170年。
撮影は、青空・桜・菜の花と、きれいなコントラストが楽しめる斜面下からのポイントがオススメ。

平成28年度4月 合戦場のしだれ桜 開花状況カレンダー
http://www.evergreen-net.jp/sakura/index.html

花見山 (福島市)

観る春(3月~6月)

梅や桜だけでなくハナモモ、レンギョウ、モクレンなどが一斉に咲き誇る花の名所。その美しさは写真家の故秋山庄太郎氏に「桃源郷」とまで言わしめるほど。4月のシーズン中には全国からお客様が訪れる。

県中エリア (郡山市・須賀川市・田村市・三春町・小野町・鏡石町・石川町・浅川町・古殿町・天栄村・玉川村・平田村)

南北に流れる阿武隈川の流域に安積平野が広がり、西には猪苗代湖、東には阿武隈高地を擁したエリアです。 春には三春の「滝桜」をはじめ、さまざまな花が咲き誇ります。また、本県の空の玄関口である福島空港があります。

須賀川牡丹園 (須賀川市)

観る

明和3年(1766)に、薬種商を営んでいた伊藤祐倫が牡丹の根を薬用にするため栽培したのが始まり。東京ドーム約3倍の広さの園内には、290種、7、000株もの大輪の牡丹が咲き競う。200年を超える古木や、須賀川にしかない品種「昭和の夢」、友好都市を結んでいる中国洛陽市から贈呈された珍しい中国牡丹「豆緑」などがある。また、園内を案内する観光ボランティアガイドも待機しており、牡丹園の深い魅力を無料で体験できる。また、須賀川牡丹園は全国の牡丹園で唯一の国指定名勝である。在来種の牡丹は、濃い紫色をしている。そのほか園内には、290種もの牡丹が咲き競う。正門前の牡丹姫像は、友好都市中国洛陽市との交流の証として建てられたもの。車イス使用者対応トイレ有。車イス貸出可。


磐梯熱海温泉 (郡山市)

泊まる民間施設

郡山の奥座敷として知られ、透明で柔らかな湯は「美人の湯」と言わ500本目の川。その渓流を眺めながら露天風呂を楽しむのがこの温泉の醍醐味です。「花街道特集郡山温泉」磐梯熱海温泉

伝説の乙女・萩姫ゆかりの「美人をつくる湯」として有名な温泉リゾート。やさしくてやわらかな泉質で、お肌もツルツルに。心身ともにリラックスしてお楽しみください。

田村市船引総合福祉センターキャンプ場・バンガロー (田村市)

体験スポーツ・アクティビティ

片曽根山のふもとに広がる山荘風バンガロー、ご家族連れに最適です。付近には、児童公園やアスレチックなどがあります。

県南エリア (白河市・矢祭町・棚倉町・矢吹町・塙町・西郷村・泉崎村・中島村・鮫川村)

みちのくの玄関口として古来より有名な「白河の関」があるように、県内の南に位置したエリアです。豊かな自然囲まれ四季折々の美しさを堪能できます。 喜多方市につぐラーメンの町でもある白河市を始め、様々なグルメがあります。小峰城や南湖公園など歴史ある景勝地があるエリアです。

雪割橋 (西郷村)

観る自然

甲子高原の景勝地で、新緑・紅葉の名所。橋下の阿武隈川沿いに所要時間2時間程度の西の郷遊歩道あり。

山本不動尊 (棚倉町)

観る歴史・文化

樹齢100年を超える杉並木を抜け、130段の石段を登りつめると巨岩の洞窟に御本尊が安置された霊場が出現します。
大同2年(807年)、弘法大師が東北行脚の途中に護摩壇を築き、八溝山系に住む悪鬼を調伏祈願したのが山本不動の始まりで、以後、付近の住民は安堵な暮らしができるようになったといわれています。
山本公園を中心とした南北約5kmの渓谷は「奥久慈県立自然公園」に指定され、春に「しゃくなげ」「山桜」「岩つつじ」などが咲き、「キャンプ」「もみじ狩り」「松茸狩り」など、年間を通して豊かな自然を満喫できます。

白河小峰城(城山公園) (白河市)

観る歴史・文化史跡・文化財

奥州関門の名城とうたわれた白河小峰城。平成22年に国指定史跡となった小峰城跡には、三重櫓(平成3年復元)、前御門(平成6年復元)が江戸時代の絵図に基づき忠実に復元され、その周辺は城山公園として整備されています。
公園内には、白河藩主を務めた結城氏や阿部氏に関する資料を展示した「白河集古苑」がある他、4月には約180本の桜が咲き乱れ、6月には300種4、000株の世界のバラが咲く「白河バラ園」があります。