メニュー
Jpn
検索

はじめての福島 中通り

中通り

美しい花々と豊かないで湯の里(県北、県中、県南)

県中央部、奥羽山脈と阿武隈山地にはさまれたエリアです。
中通りは北から順に、県北(けんぽく)、県中(けんちゅう)、県南(けんなん)エリアにわかれています。

福島県中通り

県北エリア(福島市・二本松市・本宮市・伊達市・桑折町・国見町・川俣町・大玉村)

県北地域は、中通りの北部に位置しています。吾妻・安達太良連峰、阿武隈山地の景観やスカイライン等の有料道路、さらに飯坂温泉をはじめとした数々の温泉地など、 多くの観光資源を有するとともに、もも、りんご、なし等全国有数の果樹地帯を形成しています。 エリア内には、磐梯朝日国立公園のほかに、霊山、霞ヶ城、阿武隈高原中部の3カ所の県立自然公園があります。

西根神社

(福島市)

  • 観る
  • 歴史・文化
  • 威風堂々とした社殿には、飯坂温泉近隣の西根堰開削の恩人古川善兵衛と佐藤新右衛門の二人を祀っています。
    約400年前困難を乗り越え、摺上川の水を取り入れ、総延長30kmの西根上堰を1ケ年にて完成。旧西根郷33ヵ所の原野を開田し、大穀蔵地帯にした遺徳を9ケ月にて西根下堰13km追慕し、水下の農民が神社を建立しました。

    ---------------------------------------------------------

    西根神社は伊達、信夫地方開拓の実在の人物を祀る神社です。
    お正月三が日は、お正月三が日は、おとその振る舞い・もちまき・福引きなどが催されます。
    また境内には高畑天満宮(高畑の天神様)もあり、1月11~14日はどんと祭やうそかえ祭(関東以北では唯一)で賑わいます。

    あんぽ柿

    (伊達市)

  • 観る
  • あんぽ柿は、皮をむいた柿を天日に干すことから「天干し柿(あまぼしがき)」と呼ばれ、明治時代に今の呼び名になったといわれている。
    11月上旬頃から収穫を始め、「柿ばせ」といわれる柿干場で自然乾燥することで、柿本来の甘さが引き出される。
    きれいなアメ色のトロリとした果肉は、栄養価も高く、ビタミンA、カルシウム、食物繊維などを多く含んでおり、健康果実としても知られている。

    県中エリア (郡山市・須賀川市・田村市・三春町・小野町・鏡石町・石川町・浅川町・古殿町・天栄村・玉川村・平田村)

    南北に流れる阿武隈川の流域に安積平野が広がり、西には猪苗代湖、東には阿武隈高地を擁したエリアです。 春には三春の「滝桜」をはじめ、さまざまな花が咲き誇ります。また、本県の空の玄関口である福島空港があります。

    岩瀬湯本温泉

    (天栄村)

  • 泊まる
  • 民間施設
  • 9世紀の初め頃、最澄や空海と親好が深かったとされる、嵯峨天皇の病気を治すために発見された温泉。
    湯治場として利用されてきて、ひっそりと立ち並ぶ茅葺き屋根の温泉宿には、昔ながらの風情と素朴ななつかしさが残ります。
    泉質は、塩化物泉で婦人病、消化器病などに効能があるといわれています。
    山菜狩り、魚釣り、テニス、スキーとアウトドアを満喫できます。

    三春ハーブ花ガーデン

    (三春町)

  • 体験
  • スポーツ・アクティビティ
  • 湖・沼
  • 阿武隈のなだらかな丘陵にあり、70,000平方メートルのガーデンと120,000平方メートルのハーブ畑が広がっている。ハーブ苗のほか、園芸品種の苗やガーデニング用品、ハーブ製品などを購入できるショップあり。ガーデニング講習会もある。また、地元農家がつくる季節の食材を利用したレストランが人気。

    県南エリア (白河市・矢祭町・棚倉町・矢吹町・塙町・西郷村・泉崎村・中島村・鮫川村)

    みちのくの玄関口として古来より有名な「白河の関」があるように、県内の南に位置したエリアです。豊かな自然囲まれ四季折々の美しさを堪能できます。 喜多方市につぐラーメンの町でもある白河市を始め、様々なグルメがあります。小峰城や南湖公園など歴史ある景勝地があるエリアです。

    山本不動尊

    (棚倉町)

  • 観る
  • 歴史・文化
  • 樹齢100年を超える杉並木を抜け、130段の石段を登りつめると巨岩の洞窟に御本尊が安置された霊場が出現します。
    大同2年(807年)、弘法大師が東北行脚の途中に護摩壇を築き、八溝山系に住む悪鬼を調伏祈願したのが山本不動の始まりで、以後、付近の住民は安堵な暮らしができるようになったといわれています。
    山本公園を中心とした南北約5kmの渓谷は「奥久慈県立自然公園」に指定され、春に「しゃくなげ」「山桜」「岩つつじ」などが咲き、「キャンプ」「もみじ狩り」「松茸狩り」など、年間を通して豊かな自然を満喫できます。

    南湖公園

    (白河市)

  • 観る
  • 歴史・文化
  • 史跡・文化財
  • 1801年に12代白河藩主松平定信(楽翁公)が身分の差を越え誰でも憩える「士民共楽」の理念のもと築造した日本最古と言われる公園。
    湖畔には、吉野桜(約800本)・ツツジ・松・楓などがあり、春の桜・初夏の新緑・秋の紅葉・冬の雪景色と那須連山のコントラストが美しく、四季折々の景観が楽しめます。
    公園内には、定信を祭神といしている南湖神社、本格的な日本庭園「翠楽苑」、定信の理念の反映された茶室「共楽亭」があります。
    湖畔のお店で販売されている「南湖だんご」は各店で味を競い合っており美味。一度ご賞味ください。