会津磐梯山エリアについて

HOME > スキーリゾートふくしま創造会議とは

スキーリゾートふくしま創造会議とは

FISスキークロス
FIS ハーフパイプ

2009年3月、福島県猪苗代・磐梯地域において、「2009年FISフリースタイルスキー世界選手権猪苗代大会」が開催されました。
本大会には、世界32か国・地域から、選手、役員合わせて500余名が参加し、7日間にわたり熱い戦いが繰り広げられました。
その結果、トップアスリート達の素晴らしいパフォーマンスは、観る者のこころに大きな感動を残すとともに、子ども達へ夢や希望を与えてくれました。
また、観客としてたくさんの方がこの地に来場され、更には大会開催を通じて福島県猪苗代・磐梯地域の魅力を国内外へ広く発信することができました。

この世界選手権大会の成果を活かし、ウインタースポーツの振興を通じた地域の活性化を目的として、平成21年7月にスキーリゾートふくしま創造会議が設立されました。
スキーリゾート創造会議は、磐梯山周辺地域の3町村(猪苗代町、磐梯町、北塩原村)と地域内のスキー場、スキー関係団体、商工・観光団体、NPO団体及び県で構成されており、次の事業を行うこととしています。

(1) 会津磐梯山エリアにおけるウインタースポーツの基盤の強化と、各種競技大会等への支援体制の充実に関すること。
(2) 会津磐梯山エリアにおける冬季ならではの魅力や観光資源の活用による、海外からの誘客等を含めた地域の活性化に関すること。

▲このページのトップへ