HOME > 観光スポット > 検索一覧(すべて) > 阿武隈高原中部 (葛尾村)

エリア:相双 カテゴリ:観る

阿武隈高原中部あぶきまこうげんちゅうぶ (葛尾村)

文字どおり阿武隈山地の中央部を領域として、3市4町村にひろがる県立自然公園です。日山(1058m)、五十人山(883m)、高瀬川渓谷、あぶくま洞と大滝根山(1192m)、高柴山(884m)、東堂山(668m)、そして矢大臣山(965m)などがポイントです。山頂はいずれも平坦面や緩斜面が多く、こまやかな四季の自然と展望の良さで絶好のハイキングポイントとなっています。高瀬川渓谷(浪江町)は断崖に映える広葉樹の紅葉が見事です。観光の中心は大滝根山の西斜面にある「あぶくま洞(田村市滝根町)」です。仙台平(せんだい

一部区域で「帰還困難区域」がございます。詳しくは各市町村にお問合せください。

基本情報

  • 所在地葛尾村・田村市・二本松市・浪江町・川内村・小野町・いわき市
  • 案内指定:県立自然公園
    所在地:葛尾村・田村市・二本松市・浪江町・川内村・小野町・いわき市

観光フォト

阿武隈高原中部 の写真