メニュー
Jpn
検索

れんげじ蓮家寺(棚倉町)

  • 県南
  • 観る
  • 歴史・文化

慶長8年(1603年)蓮池主水、糟家彌兵衛が阿弥陀寺を建立し、両人の姓をとって蓮家寺と名付けられました。棚倉城主となった内藤豊前守信照を筆頭に内藤家が厚く守り、また徳川家光以後、7代の将軍からの庇護を受け、江戸時代には三門、本堂、鐘楼、観音堂、常念佛堂、十王堂、地蔵堂の伽藍が整う壮大な寺院となりました。慶安元年(1648年)には徳川家光より御朱印状を拝受しています。

国重要美術品の鐘楼や町指定文化財の山門、松尾芭蕉句碑など、数多くの文化財が遺されています。

所在地福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字新町129
お問合せ先
TEL : 0247-33-2344
ホームページhttp://www.jodo.jp/08-074/

おすすめ周辺スポット