メニュー
Jpn
検索

たなぐらじょうせき(かめがじょうこうえん)棚倉城跡(亀ケ城公園)の桜(棚倉町)

  • 県南
  • 観る

元和元年(1622年)、常陸国古渡より棚倉に移封された丹羽長重は、幕府より築城の命を受け寛永元年(1624年)、近津明神(都々古別神社)を馬場の地に遷宮し、翌2年、その跡地に棚倉城の築城に着手し、寛永4年(1627年)に完成しました。
慶応4年(1868年)、戊辰戦争で落城するまでの240余年、8家16代の城主交代があり、お堀に住む大亀が水面に浮かぶと決まってお殿様が転封されたということから、別名「亀ケ城」ともいわれています。
土塁の上には南北朝時代の板碑や棚倉城規模碑、畑俊六元帥終焉の碑などがあります。
城跡のお堀に沿って約500本の桜が咲きます。4月中旬には「十万石棚倉城まつり」が開催されます。

所在地福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字城跡
交通アクセス車:東北道矢吹ICから40分
鉄道:JR水郡線、磐城棚倉駅下車約10分
駐車場有り:無料駐車場:約100台、大型バス駐車可
お問合せ先棚倉町観光協会
TEL : 0247-33-7886
ホームページhttp://www.town.tanagura.fukushima.jp/
案内桜とお堀の噴水の風景

360度ビュー棚倉城跡(亀ケ城公園)の桜

※.上下左右360度のイメージがご覧いただけます。
※.マウスでドラッグしてお楽しみください。
※.一部のブラウザでは正常に動作しない場合がございます。予めご了承ください。

関連情報

観光フォトライブラリ

おすすめ周辺スポット