HOME > 観光スポット > 検索一覧(すべて) > 黒森山(くじらやま) (喜多方市)

エリア:会津 カテゴリ:観る自然

黒森山(くじらやま)くろもりやま (喜多方市)

山開きスポット

黒森山はその昔、金山としても有名で【石ヶ森金山(会津若松市)】・【檜原金山(北塩原村)】・【黒森山金山(喜多方市山都町)】と会津三金山のひとつに数えられ「黒森砥石」の産地としても栄えた山と伝えられています。
春には山菜、秋には紅葉を楽しめる標高917mの山で、山頂からは飯豊連峰・会津盆地・磐梯山などの眺望が楽しめます。
「くじらやま」の愛称で親しまれている黒森山。登山道にはイワウチワの花が群生し飯豊山や磐梯山、猪苗代の眺望が楽しめます。
春と秋の年2回、「黒森山登山」を実施しています。

基本情報

  • 交通アクセス車:熱塩加納総合支所から車で30分(登山口)
  • お問合せ先"黒森山登山実行委員会 (喜多方市熱塩加納総合支所産業課内)"
    TEL : 0241-36-2115
  • ホームページhttp://www.city.kitakata.fukushima.jp/別ウィンドウで開く
  • 案内定員50名。かつての黒森山は会津の三金山として知られていたが、今は鉱山としての姿は忘れられようとしている。案内人により当時の姿や登山道の花の案内を行いながら、山頂でのおもてなしや記念品の配付を実施。
    標高:917.4m
    難易度:初級

観光フォト

黒森山(くじらやま) の写真

周辺情報

黒森山(くじらやま) の周辺情報