> お知らせ > 2018.03.02(金) 16:30 福岡県立八女農業高校が修学旅行で来県!スキーと震災講話を体験しました。

お知らせ

2018.03.02(金) 16:30福岡県立八女農業高校が修学旅行で来県!スキーと震災講話を体験しました。

スキーをする前に注意点を聞く

軽やかに滑る生徒たち

ひと滑りした後、取材に応えてくれた生徒たち

夜の時間には震災講話を聴く

[日程]
平成30年1月22日から1月25日(3泊4日)
※全体では1月22日から1月26日(4泊5日)

[学校名・学年・人数]
福岡県立八女農業高等学校、2学年、152名

[来県市町村]
磐梯町

[本県を訪れた目的]
 集団生活によって規律と公衆道徳を学び、スキー技術の習得と震災学習に重点を置き本県での修学旅行を実施した。

[取材内容]取材日:平成30年1月23日(会場:アルツ磐梯スキー場、磐梯山温泉ホテル)
 来県2日目のスキー教室と震災学習の取材を行った。
この日は、朝から快晴でアルツ磐梯スキー場からは猪苗代湖が一望でき、絶景の中でスキー教室が行われ、生徒からは元気な歓声が聞こえていました。
 スキー板を付け、インストラクターの指導のもと、はじめはパウダースノーの中を歩きつつも徐々に滑りながらリフトに乗ってゲレンデへ向かいました。最初は転ぶことも多く、慣れない場面も見られましたが午後にはかなり上達して思い通りにスキーを楽しむ姿が見られました。

[生徒のコメント①]
「(スキー後のインタビューに)スキーは初めてやったので転ぶことも多かったが、インストラクターの指導もあり少しずつ滑れるようになった。また雪質が良いので転んでも痛くなくうまくなるにつれ楽しさを感じた。スキー場から見た景色は綺麗だった。」
(古賀航平さん)

[生徒のコメント②]
「(震災学習前のインタビューに)震災についての話を聴くことにとても興味があった。これまではニュースでしか聴いたことがなかったので、実際に当時の体験者から防災や減災など復興に立ち向かう話を聴ける機会を楽しみにしていた。この旅行で、自分の将来のことを考えるきっかけになればよいと思っている。」
(角 陽佳さん)

[先生のコメント]
「震災学習を高校時代に体験してもらう必要性を感じている。この度旅行実施にあたり、風評は少しあったが保護者の理解を得た。九州北部豪雨もあり災害への関心が高まっており、スキーの環境が良いことと震災学習もできる福島県を選んだ。」
(廣松 隆二 校長先生)

◎アルツ磐梯スキー場
https://www.alts.co.jp/
◎ふくしま観光復興支援センター(震災語り部のマッチング)
http://xn--y8jq2grb6vya77ancx742bpb4ao4j8ud873kepwa.jp/

他のお知らせ

対象件数 455件