ページ読み込み中です
メニュー

ふくしま30座

浜通りエリア

二ツ箭山 ふたつやさん - 710m

難易度:
中級
歩行時間:
3時間10分
おすすめ時期:
3月~11月

二ッ箭山とは、二つの矢を立てたような山という意味で、男体山、女体山と呼ばれる顕著な二つの岩峰である。古くから海の男達に守護神として信仰の対象とされていたものと思われる。春のアカヤシオ、秋の紅葉の時期がお勧めだが、海の見える温暖の地であるがゆえに、冬の登山も可能な山として人気がある。登山としては難しい個所もあるが、変化に富み展望も良い中級者向けの山である。

ふくしまースイド


二ツ箭山 岩場

登山口で案内板の建つ根本集落から広い道をたどり、キャンプ場を過ぎ小さな鳥居をくぐると山道らしくなる。御滝沢に出合って間もなく、御神体の御滝となる。滝を越え、杉林を抜け、小滝の続く沢に沿って登る。二俣から左手の急な尾根道へ取り着く。尾根は、一変して岩場の連続となる。二ッ箭山神社の祀られた岩、胎内くぐり岩と続く。息もつかせずに男体山への登りとなる。北側の二個所の鎖場を伝わって登れば、祠の建つ山頂となる。男体山からは光る太平洋、いわきの街並、水石山、湯ノ岳などが眺められる。下山は多彩なルートが考えられるが、三角点の山頂を経て月山から下る周回コースがお勧め。

コースタイム

二ツ箭山入口駐車場 - [35分]- 御神体ノ滝 -[30分]- 〆張場 - [40分] - 男体山・女体山基部 - [10分] - 二ツ箭山 -[20分] - 月山 - [55分] - 二ツ箭山入口駐車場

アクセス

ゆうゆうあぶくまライン 小川郷駅 - タクシー
JR常磐線 いわき駅 - [ 新常磐交通 ] - 上小川バス停 - 徒歩約40分
新常磐交通WEBサイト

ルート図

周辺情報

  • 温泉

    新舞子温泉(いわき新舞子ハイツ)
    しんまいこおんせん

    いわき市の新舞子浜にホテルがあり、日帰り利用ができる。大浴場は窓が大きく太平洋を一望でき、気分爽快。サウナもあり、湯上りには大休憩場が利用できる。

    住所:
    いわき市平下高久字南谷地16-4
    電話:
    0246-39-3801
    営業案内:
    10:00~19:00(土曜と祝前日は16:00まで、第2月曜休、祝日の場合は翌日休)
    入浴料=大人1000円、3歳~小学生500円(15時以降の入館は大休憩場の利用はできず大人500円、3歳~小学生300円)
    WEBサイト:
    いわき新舞子ハイツ
  • 観光スポット

    いわき市アンモナイトセンター
    いわきしあんもないとせんたー

    8900万年前のアンモナイトの化石が発見された地層をそのまま建物でおおった施設。隣接する屋外体験発掘場では、館内と同じ地層を実際の化石発掘の道具を使って発掘体験ができる。

    住所:
    いわき市大久町大久字鶴房147-2
    電話:
    0246-82-4561
    営業案内:
    入館料=大人250円、大学・高専・高校生190円、小・中学生100円/9:00~17:00(月曜休・祝日の場合は翌日休)
    WEBサイト:
    いわき市アンモナイトセンター
  • 観光スポット

    ワンダーファーム
    わんだーふぁーむ

    トマトの楽しいテーマパーク。トマト料理を主にしたビュッフェレストランと新鮮野菜の直売所があるほか、トマトの収穫体験、機材一式のレンタルと食材注文が可能なバーベキューが楽しめる。

    住所:
    いわき市四倉町中島広町1
    電話:
    0246-38-8851
    営業案内:
    直売所=10:00~18:00(12月~3月は17:00まで)レストラン=11:00~15:00、17:00~21:00
    WEBサイト:
    ワンダーファーム
  • グルメ

    カジキグルメ
    かじきぐるめ

    常磐沖は世界的にも有名なカジキの漁場。小名浜エリアといわき駅前を中心に、ジャンボカジキメンチをはじめ、カジキソースカツ丼、カジキギョウザなど、様々なカジキ料理を味わえる。カジキは低カロリーで疲労回復成分のイミダペプチドを多く含むとあって、登山での疲労をいやしてくれそう。

    WEBサイト:
    カジキグルメ実行委員会
ページトップへ戻る