ページ読み込み中です
メニュー

ふくしま30座

中通りエリア

一切経山 いっさいきょうやま - 1,949m

難易度:
中級
歩行時間:
2時間50分
おすすめ時期:
4月下旬~11月初旬

観光道路吾妻スカイラインを利用すれば、標高1,500mの浄土平に運ばれ、簡単に高山を味わえる山。この周辺には、東吾妻山(1,975m)を最高峰に、一切経山(1,949m)、高山(1,805m)、そしてシンボルの吾妻小富士(1,705m)。いずれも個性豊かな山々で、花と森と展望が楽しめる。登山道もよく整備されているが、標高は2,000mに近いため、天候の急変にも備える装備が必要となる。また平成28年10月18日より吾妻山の噴火警戒レベルが2から1に下がった経緯があり、登山に際しては情報収集を怠らないようにしたい。

ふくしまースイド


一切経山 浄土平のイワカガミ

登山口となる浄土平のビジター・センターを訪れ吾妻の自然をレクチャーしておこう。浄土平から、階段状に整備された登りに差し掛かる。酸ヶ平の避難小屋からガレた斜面を登れば、展望が開けて一切経山山頂へと到着する。山頂からは、蔵王連峰、遠く月山、足元には五色沼と家形山、福島市内などが眺められる。山頂から酸ヶ平まで戻り、木道歩きで鎌沼周遊路に入る。沼を半周すると、十字路に差しかかり、東吾妻山へ向かうことができる。十字路から東へ向かえば浄土平へと下ってゆく。

コースタイム

浄土平 - [40分]- 酸ヶ平避難小屋 -[40分]- 一切経山 - [30分] - 酸ヶ平避難小屋 - [20分] - 姥ヶ原 -[40分] - 浄土平

アクセス

JR福島駅 - [ 福島交通バス(急行スカイライン循環)] - 浄土平バス停
福島交通バスWEBサイト

ルート図

周辺情報

土湯温泉 つちゆおんせん

いくつもの源泉をもち、10種類以上の泉質を楽しめる温泉郷。豊富な湯量を誇り、日帰り温泉は13か所の旅館と2か所の公衆浴場(こけし湯・中の湯。ただし中の湯は平成30年3月まで改装中)で可能。東北三大こけし発祥の地としても有名。
土湯温泉観光協会

高湯温泉 たかゆおんせん

白濁した硫黄泉は薬効成分が高く、昔から湯治場として利用されている温泉郷。すべての入浴施設で加水加温を一切しない、本物の源泉かけ流しの湯を楽しむことができる。8か所の宿泊施設のほか、露天風呂のみの共同浴場「あったか湯」で日帰り入浴が可能。
高湯温泉観光協会

  • 温泉

    土湯温泉 こけし湯
    つちゆおんせんこけしゆ

    こけし湯の源泉かけ流しの浴室。浴槽が女湯は石、男湯は木が使われている。

    住所:
    福島市土湯温泉町字赤坂7-6(サンスカイつちゆ内)
    電話:
    024-595-2612(サンスカイつちゆ)
    営業案内:
    9:00~20:00(年末年始休・臨時休館あり)
    入浴料=12歳以上250円、1歳以上12歳未満120円
    WEBサイト:
    サンスカイつちゆ
  • 温泉

    高湯温泉 あったか湯
    たかゆおんせんあったかゆ

    木と岩を基調とした2つの露天風呂と貸切露天風呂、休憩室をそなえる「あったか湯」。

    住所:
    福島市町庭坂高湯25
    お問い合わせ:
    024-591-1125(高湯温泉観光協会)
    営業案内:
    9:00~21:00(木曜休・祝日の場合は翌日)
    入浴料=12歳以上250円、1歳以上12歳未満120円
    WEBサイト:
    高湯温泉観光協会
  • 温泉

    高湯温泉 玉子湯
    たかゆおんせんたまごゆ

    明治元年に開業した老舗旅館。白濁の源泉につかれば疲労も吹き飛ぶ。日帰り利用が可能。

    住所:
    福島市町庭坂字高湯7
    電話:
    024-591-1171
    WEBサイト:
    旅館玉子湯
  • 観光スポット

    西田記念館
    にしだきねんかん

    約1300体のこけしを展示した珍しい施設。こけしの歴史や各地の伝統こけしのほか、戦前の貴重なこけしも紹介されている。手作りジェラート店や福島産の菓子を扱う駄菓子屋など、個性ゆたかなショップや施設が並ぶアンナガーデン内にある。

    住所:
    福島市荒井字横塚3-183
    電話:
    024-593-0639
    営業案内:
    9:00~17:00(年末年始休)
    入館料=大人300円、中学生以下無料
    WEBサイト:
    西田記念館
  • グルメ

    福島路ビール
    ふくしまじびーる

    西田記念館と同じく、アンナガーデンの一角に、バーを併設したビール醸造所がある。本場ヨーロッパの麦と吾妻山の天然水、ドイツから輸入した酵母でじっくり熟成させたビール。樽出しの新鮮なビールをその場で楽しむもよし、お土産に小瓶を買って帰るもよし。

    住所:
    福島市荒井字横塚3-182
    電話:
    024-593-5859
    営業案内:
    10:00~17:00(年末年始休)
    WEBサイト:
    みちのく福島路ビール
ページトップへ戻る