ページ読み込み中です
メニュー

ふくしま30座

会津エリア

小野岳 おのだけ - 1,383m

難易度:
中級
歩行時間:
3時間35分
おすすめ時期:
4月下旬~10月

小野岳の魅力は、会津街道の宿場町のなごりをとどめる大内宿、昔は山頂に建っていたのを移したといわれる小野観音堂、登山後に汗を流したい湯野上温泉など山麓文化と合わせて登山を楽しめること。大内宿からの登山は、ブナやミズナラなど森の素晴らしさを味わえるコース。山頂から小野観音堂へ下るコースは、登り同様森歩きが主体だが、急な登り下りが控えている中級コースである。

ふくしまースイド


小野岳 観音堂前はニリンソウのお花畑

大内宿登山口からのコースは、見事なブナやミズナラを鑑賞しながらゆっくりと登れる森林浴コース。急坂が続くのでゆっくりと登ろう。広い頂上には石の祠が鎮座し、北側は磐梯山、吾妻連峰、安達太良山、会津盆地に猪苗代湖が望まれる。大戸岳は目の前にあり、西側には博士山や明神ヶ岳が望まれる。下りは南側へと続く小野観音へと下るが、急坂が連続するので慎重に行動したい。

コースタイム

大内宿 - [15分] - 大内登山口 - [30分]- 鉄塔 - [1時間] - 小野岳 - [1時間20分] - 小野登山口 - [15分] - 小野観音 -[15分] - 湯野上温泉駅

アクセス

会津鉄道線湯野上温泉駅 - [ タクシー(10分)] - 大内宿 - 大内登山口 - 小野岳 - 会津鉄道線湯野上温泉駅

ルート図

周辺情報

湯野上温泉 ゆのかみおんせん

山間の静かな温泉郷。国道わきの小高い森に温泉の神様と山の神様を仲良く祀った温泉神社があり、「神が宿る湯」とも言われている。透明度が高く、泉質は弱アルカリ性単純泉。複数の旅館や民宿で日帰り利用ができる。茅葺き屋根の駅舎も一見の価値あり。
湯野上温泉観光協会

  • 温泉

    旅館新湯
    りょかんしんゆ

    混浴露天風呂は渓流に面して風情満点。日帰り利用可。

    住所:
    南会津郡下郷町湯野上温泉
    電話:
    0241-68-2321
    WEBサイト:
    旅館新湯
  • 観光スポット

    大内宿
    おおうちじゅく

    江戸時代に、会津若松城下と今市宿を結ぶ下野街道の宿場町として整備された町並みを今もそのまま残している貴重な集落。土産物屋や食事処、民宿が並ぶ。中ほどには江戸時代の部屋を再現し、生活用具等を展示している大内宿町並み展示館があり、当時の暮らしを思い描くことができる。

    住所:
    南会津郡下郷町大内山本
    電話:
    0241-68-3611(大内宿観光協会 月曜日~金曜日 9:00~16:00)
    WEBサイト:
    大内宿観光協会
  • グルメ

    ねぎそば

    箸ではなく、まるごと一本のネギを使って食べるねぎそばが大内宿の名物。ネギをかじりながらそばをすくいあげるのがおもしろい。10軒以上ある食事処で、それぞれのねぎそばを食べ比べてみたい。

ページトップへ戻る