ページ読み込み中です
メニュー

ふくしま30座

会津エリア

燧ケ岳 ひうちがたけ - 2,356m

難易度:
上級
歩行時間:
6時間50分
おすすめ時期:
6月~10月

福島県の最高峰であり東北の最高峰で、これより北にはこれ以上高い山は無い。尾瀬のシンボル的な山である。山頂は、最高峰(西峰)である柴安嵓(しばやすぐら)(2,356n)、三角点の置かれた爼嵓、みのぶち岳、赤なぐれ岳、御池岳の5峰からなる。福島県側からの御池コースは上級向きコースである。できれば登山後、尾瀬ヶ原に点在する山小屋に一泊し、山と尾瀬の素晴らしい自然を満喫したい。登山だけでも上級向き。

ふくしまースイド


尾瀬ヶ原

御池の大駐車場から歩き始め、すぐに急坂が始まる。ジリジリと高度を上げ、ひとしきり急登を終えると、熊沢田代に到着する。夏なら、ワタスゲやキンコウカなどが美しいところだ。次の湿原広沢田代を越えれば次第にダケカンバ林が現れ高山の様相を呈する。やがて爼嵓(くら)山頂に到着する。尾瀬のシンボルというだけあって、展望は素晴らしい。尾瀬ヶ原と尾瀬沼が眼下に広がり、その向こうに至仏岳の姿が美しい。日光連山、那須連峰、越後三山、飯豊連峰まで山々が並び圧巻である。

コースタイム

尾瀬御池バス停 - [50分] - 広沢田代 - [50分]- 熊沢田代 - [1時間30分] - 俎嵓(まないたぐら) - [15分] - 柴安嵓(しばやすぐら) - [15分] - 俎嵓 - [20分] - ミノブチ岳 - [1時間50分] - 長蔵小屋 - [1時間] - 沼山峠バス停

アクセス

会津鉄道線 会津田島駅 - [ 会津バス(011、012系統)] - 尾瀬御池バス停 - 燧ヶ岳 - [ 会津バス(011、012系統) - 尾瀬沼山峠バス停
会津バス

ルート図

周辺情報

  • 温泉

    燧の湯
    ひうちのゆ

    舟岐川に面し、高台にある日帰り温泉。露天風呂ではゆたかな自然と一体に。源泉は桧枝岐温泉の単純硫黄泉を単独で使用している。源泉かけ流し。

    住所:
    南会津郡檜枝岐村上ノ台208-1
    電話:
    0241-75-2290
    営業案内:
    6:00~21:00(火曜午前休)※季節により変動
    入浴料=大人500円、子供250円
    WEBサイト:
    燧の湯
  • 観光スポット

    ミニ尾瀬公園
    みにおぜこうえん

    ミズバショウやニッコウキスゲ、コマクサなどが植えられ、木道が整備された、尾瀬を気軽に体験できる公園。園内には武田久吉メモリアルホールや白籏史朗氏の作品を展示した尾瀬写真美術館などもある。

    住所:
    南会津郡檜枝岐村字左通124-6
    電話:
    0241-75-2065
    営業案内:
    入場料=大人500円、子供200円(9月~11月は大人200円、子供100円)/営業期間=4月下旬~11月中旬 9:00~17:00
    WEBサイト:
    尾瀬檜枝岐温泉観光協会
  • 観光スポット

    尾瀬写真美術館
    おぜしゃしんびじゅつかん

    世界に誇る山岳写真家・白籏史朗氏の作品を展示する尾瀬写真美術館。

    WEBサイト:
    尾瀬檜枝岐温泉観光協会
  • 観光スポット

    武田久吉メモリアルホール
    たけだひさよしめもりあるほーる

    尾瀬をはじめて世に紹介した理学博士・武田久吉氏の書物や遺品を展示するメモリアルホール。

    WEBサイト:
    尾瀬檜枝岐温泉観光協会
  • グルメ

    はっとう

    ソバ粉ともち米を練ってのばし、ひし形に切ってゆでたものにじゅうねん(エゴマ)と砂糖をまぶした名物料理。その昔、役人に出したらあまりのおいしさに村民が食べるのをご法度にしたことから呼び名がついたという。ほんのり甘く、もちもちとした食感。

    WEBサイト:
    福島県WEBサイト
ページトップへ戻る