旧奥州道中国見峠長坂跡

きゅうおうしゅうどうちゅうくにみとうげながさかあと

江戸時代、奥州道中の難所であった国見峠

古来より奥州街道における要衝にあり、険阻な山坂として有名な国見峠の難所跡。松尾芭蕉が「奥の細道」に記した『気力聊か(いささか)とり直し、路縦横に踏んで伊達の大木戸をこす』を刻んだ文学碑があります。長坂跡は約300mにわたり、街道跡が良好に残り、当時の雰囲気を感じることが出来ます。町の史跡に指定されています。

公式サイト

  • 国見町ホームページ

    http://www.town.kunimi.fukushima.jp
  • 住所 大木戸字長坂地内
    電話番号 024-585-2238
    FAX番号 024-585-2181
    メールアドレス machizukuri@town.kunimi.fukushima.jp
    問い合わせ先 国見町まちづくり交流課
    定休日
    アクセス ●公共交通機関でのアクセス JR東北線「藤田駅」下車 徒歩約40分 ●車でのアクセス 東北自動車道国見ICから車で約15分
    駐車場
    料金 無料