本名御神楽岳登山

ほんなみかぐらだけとざん

  • 本名御神楽岳
  • 本名御神楽岳から望む御神楽岳の景色
  • 沢の流れ
  • 本名御神楽岳からの眺望
  • 御神楽岳登山口
  • 御神楽岳管理舎(避難小屋)

本名御神楽岳は、福島県金山町と新潟県阿賀町との境にある標高1266mの山です。会津総鎮守の伊佐須美神社の源である神を祀った聖山であり、雄大で美しく、変化に富んでいます。山腹の壮絶な絶壁と深い谷が特徴で、会越の谷川岳等の異名があります。 山頂からの展望は360度あり、北側の御神楽岳本峰、遠く磐梯山や飯豊山をはじめ、浅草岳、守門岳などの山々が一望できます。 雪解け水や湧き水を集めて流れる霧来沢の清流は美しく、沢登りの魅力もひとしおです。 ●本名御神楽岳登山ルート(約7時間) 御神楽岳登山口-八乙女ノ滝-八丁洗板-杉山ヶ崎-熊打場-御神楽岳管理舎(避難小屋)-本名御神楽岳山頂 ●御神楽岳管理舎(避難小屋) 標高1100mに位置し、収容人数は10~15名。 管理人は不在で、薪ストーブ、鍋、釜、寝具などが置いてあります。 小屋から200m離れた位置に水場があります。

住所 大字本名地内
電話番号 0241-54-2855
問い合わせ先 金山町観光情報センター
営業時間 6月上旬~10月下旬
アクセス 御神楽岳登山口までのルート 本名ダム堤体左岸の国道252号線との分岐から新潟県側に通じる林道本名室谷線を上り、途中の分岐を林道三条線へと進む。 ●公共交通機関でのアクセス JR只見線会津川口駅から車で約30分 ●車でのアクセス 磐越自動車道会津坂下ICから車で約60分
駐車場 5台
備考 山開きは毎年6月第1日曜日に行われます。