須賀川松尾芭蕉めぐり

すかがわまつおばしょうめぐり

奥の細道の足跡をめぐる

江戸時代に須賀川は奥州街道の屈指の宿場町として栄え、町人文化も花咲く活気に満ちたまちでした。俳聖松尾芭蕉は「おくのほそ道」の旅で、かねてから親交のあった相楽等躬(さがらとうきゅう)を訪ねて八日間滞在しました。 それに由来し、須賀川は今でも俳句が盛んで、市内には23か所に俳句ポストが設置され、毎年多くの人が俳句を投函しています。 須賀川市松尾芭蕉ゆかりの地 ■神炊館神社(おたきやじんじゃ) 須賀川の総鎮守の神社で、芭蕉が須賀川滞在中に参詣しています。室町時代に信州諏訪の神を合祀しているため、須賀川のお諏訪様とも呼ばれています。須賀川城の外壕跡や句碑などがあります。 ■長松院 曹洞宗の寺院で、芭蕉が逗留した俳人相楽等躬の菩提寺。等躬の「あの辺はつく羽山哉炭けぶり」の句碑と墓所があります。 ■可伸庵跡 相楽等躬の屋敷の一隅に住んでいたと伝えられる僧、可伸の庵跡。芭蕉は栗の木の下にある可伸の庵で、等躬らと歌仙を巻きました。「世の人の乃みつけぬ花や軒の栗」と刻まれた句碑が建設されており、これは芭蕉が可伸のつつましい生活と人柄に心打たれて詠んだ句です。 ■十念寺 芭蕉も参詣している浄土宗の寺院。安政5年(1855)に「風流のはじめや奥乃田植え唄」と刻まれた句碑が建設されています。この句は陸奥に入り、初めて触れた風流は素朴な田植え唄であったと等躬への挨拶を込めて詠んだ句です。 ■須賀川市芭蕉記念館 相楽等躬の屋敷跡地に建つNTTビル内に開設している記念館。芭蕉についてや俳句歳時記に合わせた須賀川ゆかりの俳人に関してなど貴重な資料を展示しています。 開館時間 9:00~17:00 休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)年末年始 入館料 無料

住所 本町33-1 NTT須賀川ビル1階
電話番号 0248-72-1212
問い合わせ先 須賀川市芭蕉記念館
営業時間 9:00~17:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)年末年始
アクセス ●公共交通機関でのアクセス JR東北本線「須賀川駅」から車で約10分 ●車でのアクセス 東北自動車道須賀川ICより車で約10分
料金 入館無料