相馬中村神社

そうまなかむらじんじゃ

国指定の重要文化財

相馬家代々の氏神として崇敬されてきた相馬中村神社は、天之御中主神を祭神とする相馬三妙見社の一つであり、中村城郭内西方の小高い丘に位置します。寛永20年(1643)に相馬藩主第18代義胤により建立された後、約20年ごとに都合10回の修理をかさねており、平成29年(2017)の大修理の際には屋根も創建当時のこけら葺に改修されました。流造りによる桃山様式の本殿・幣殿・拝殿は、昭和58年(1983)に国の重要文化財に指定されています。

公式サイト

  • 相馬市観光協会公式HP 見る・知る

    https://soma-kanko.jp/purpose/see/
  • 住所 中村字北町140
    電話番号 0244-35-3363
    問い合わせ先 相馬中村神社
    アクセス JR常磐線相馬駅から徒歩約15分、常磐自動車道相馬ICから車で約10分
    駐車場 あり(約20台)