【東北DC特別企画】喰丸小と大イチョウのライトアップ・夜の特別開館 交流・観光拠点施設「喰丸小」

くいまるしょうとおおいちょうのらいとあっぷ・よるのとくべつかいかん こうりゅう・かんこうきょてんしせつ「くいまるしょう」

  • 春は桜と
  • 夏は緑と青空と
  • 秋は大イチョウと
  • 冬は真っ白な雪と
  • ライトアップされる喰丸小と大銀杏
  • 映える景色

ノスタルジーを感じる木造校舎と樹齢120年を超える大イチョウ

昭和12年建築の木造校舎は、100名を超える生徒の声が響いていた時代もありましたが、昭和55年に廃校となり、今は、山並みを背景としたイチョウの大木との景観が、本村を訪れる多くの方々を魅了し、四季折々に見せる色どり鮮やかな表情が親しまれています。 木造校舎から感じる懐かしさは、伝統的な日本人の美風と言われる「丁寧に手間をかける暮らし」や、「人間同士の信頼感や助け合いの気持ち」を思い起こさせるものであります。こうした豊かな精神性は、物に溢れ便利な今の世の中では希薄になりがちですが、本校舎の佇まいのように、本村のコミュニティにはしっかりと息づいており、全国に誇れる本村の美点とも言えます。 改修工事を経て2018年4月26日に再オープンした本校舎の利活用に当たっては、こうした精神性を大切に守り伝える「学びの場」であるとともに、村の方々が集まって楽しい一時を過ごす場所として、また、自然に囲まれた木造校舎に安らぎと癒しを感じる観光スポットとして、心地よい時間を過ごせる場所でありたいと願っております。 東北DC特別企画として、普段は10月からライトアップする旧喰丸小学校を5月~9月にライトアップし、予約制で、夜の開館(4月~9月)を行います。写真撮影に使うのもよし、フォトジェニックな空間を利用して何をするのかはあなた次第!イベントも順次開催予定。

公式サイト

  • からむし織の里 福島県昭和村

    https://www.vill.showa.fukushima.jp/news/589/
  • SNS

    住所 喰丸字宮前1374
    電話番号 0241-57-2124
    FAX番号 0241-42-7322
    問い合わせ先 昭和村役場 産業建設課 観光交流係
    営業時間 09:00~17:00
    定休日 月、火曜日 12月29日~翌年1月3日 ※月、火曜日が祝日の場合、直近の休日でない日が休館 ※臨時休館あり
    アクセス 会津坂下I.C. より55km 西那須野塩原I.C.より70km 会津若松市より50km 大内宿より34km
    駐車場 普通自動車60台 大型バス2台
    料金 見学無料 レンタルスペースあり※予約制 (1室1回につき) 9:00~13:00 1,100円(税込み) 13:00~17:00 1,100円(税込み) 17:00~21:00 2,200円(税込み) 冷暖房設備等の利用は使用料の20%の額