石部桜

いしべざくら

大河ドラマ「八重の桜」のオープニングに登場する一本桜

大河ドラマ「八重の桜」のオープニングにも登場したことで有名な会津を代表する桜のひとつで、市天然記念物、福島県緑の文化財にも指定されています。 この石部桜は樹齢約650年といわれるエドヒガンで、中世会津の領主葦名氏の重臣・石部治部大輔(いしべじむだゆう)の庭にあったと伝えられています。 10本の幹からなり、枝張は最も広いところで約20メートルもあります。 周囲が田んぼに囲まれているので一際目立ち、のびのびと枝を広げるその雄大な姿に魅了されます。 ■例年の見頃:4月中旬~下旬

公式サイト

  • 会津若松観光ナビ

    https://www.aizukanko.com/spot/628
  • 住所 一箕町八幡石部
    電話番号 0242-39-1251
    問い合わせ先 会津若松市観光課
    アクセス 車:磐越自動車道会津若松ICより車で約15分「飯盛山市営観光客用無料駐車場」より徒歩で約15分 公共交通:JR会津若松駅より市内周遊バス「あかべぇ」で「飯盛山下」下車徒歩約15分
    駐車場 飯盛山市営観光客用無料駐車場(小型80台、大型利用可) ※利用時間:8:30~17:15
    料金 観覧自由