東日本大震災・原子力災害伝承館

ひがしにほんだいしんさい・げんしりょくさいがいでんしょうかん

震災の記録と記憶を教訓として未来へつないでゆく。

福島では、東日本大震災において、地震・津波の被害に加えて、原発事故による世界でも未曽有の複合災害を経験しました。事故直後の発電所の状況、長期かつ広域の住民避難、放射線による県民生活への影響など、原発事故に係る資料が多数展示されていることが当館の特徴です。                  また展示に加えて、震災当時の状況や避難の経験等を語る語り部口演や、現地を視察するフィールドワークなど、様々なプログラムを体験することもできます。

公式サイト

  • 東日本大震災・原子力災害伝承館

    https://www.fipo.or.jp/lore/
  • 住所 大字中野字高田39
    電話番号 0240-23-4402
    FAX番号 0240-23-4403
    メールアドレス archive@fipo.or.jp
    問い合わせ先 公益財産法人福島イノベーション・コースト構想推進機構 東日本大震災・原子力災害伝承館
    営業時間 開館時間: 9:00~17:00 (最終入館は16:30)
    定休日 火曜日(火曜日が祭日の場合は開館。代わりに翌平日が休館) 及び12/29~1/3
    アクセス 仙台駅から常磐線特急ひたちで約80分                                                   東京駅から常磐線特急ひたちで約190分
    駐車場 大型バス10台 普通乗用車111台
    料金 大人600円   大人団体(20名以上)480円 小中高300円  小中高団体(20名以上)240円 ※入館料は1名あたりの金額。※教育活動での減免制度あり。
    所要時間 展示の視察見学に要する時間 約1時間