観光情報

黒岩虚空蔵尊 満願寺

丑と寅が出迎える黒岩の虚空蔵さま

約1,200年前に安置されたと伝わる、福島市の黒岩虚空蔵尊は、境内の景観の素晴らしさにひかれて散策に訪れる人も多いスポット。秋は鮮やかな紅葉と赤いお堂の競演が楽しめるほか、高台にある境内から見下ろす阿武隈川の眺望も美しいことで知られています。 丑年・寅年の人の守り本尊であることから、境内にはなで丑とともに寅の石像も設置されており、なでながらお参りする人の姿も見られます。また、虚空蔵さまは無限の福徳と知恵を持ち、参拝者に分け与えると言われているため、学問成就や合格祈願にもぴったりです。 例年、祭礼は1月と8月の第4土曜・日曜に開催されます。13歳になった少年少女がお参りする「十三詣り」も行われています。

所在地 福島県福島市黒岩字上ノ町43
お問合せ先 黒岩虚空蔵尊 満願寺 TEL 024-546-0096

紅葉の境内

なで牛

寅の像

冬の祭礼にて なで牛に触れる参拝者

境内から望む阿武隈川の雪景色は水墨画のような美しさ