スポット詳細

一度は途絶えた遠野和紙が復活!紙すき体験もできる工房「遠野紙子屋」

「遠野和紙」は、いわき市遠野町に500年以上前から伝わる伝統和紙です。明治から昭和にかけてさかんに生産されていましたが、洋紙の普及によって生産が途絶えていました。そんな中、遠野和紙の継承に取り組む地元有志の協力を得て、地域おこし協力隊として赴任した平山祐さんが遠野町に移住。任期を終えた2021年に工房「遠野紙子屋」をオープンしました。工房では、はがきなどの紙すき体験を受け入れているほか、遠野和紙キーホルダーなどのグッズも販売しています。

体験料 はがき500円から(前日までに要予約)
所在地 福島県いわき市遠野町入遠野字前田45-10
お問合せ先 遠野紙子屋 TEL 080-4428-6397
営業時間 13:00~17:00
定休日 火曜、水曜
Webサイト https://tohnowashi.com/
Instagram https://www.instagram.com/tohno_washi/
Twitter https://twitter.com/TohnoWashi
Facebook https://www.facebook.com/tohno.washi/