メニュー
Jpn
検索

2017.08.21(月) 15:08 高湯温泉~湯山人ブログ更新しました8

  • 県北

今回の紹介は「高湯 昭和-平成時代編・不動滝と夏露天」と称して高湯温泉の歴史を紹介します。

滝を見下ろす展望台でもある遊歩道入口には不動明王像が祀られ、生い茂る木々の間にちいさく滝の姿が見下ろせる。ここから滝壺までは一気に100m程下りる。
林間に響く水音に心躍らせながら、ひたすら下りること約15分。目の前に緑に抱かれた涼やかな瀑布が現れた。落差30m程だろうか。ちょうど扇子を広げたように滑状となった滝壺付近の岩肌を、幾筋にもなった白糸のような水がすべり落ちていく。

宿の紹介は安達屋旅館と吾妻屋。高湯の草創期から続く老舗湯宿である。

湯山人日記ブログはこちら↓
http://www.naf.co.jp/azumatakayu/

【記者: 永山 博昭

地域記者ブログ新着情報