メニュー
Jpn
検索

2020.11.12(木) 16:11 「触って見て楽しむ美術鑑賞ワークショップ」が開催されました。

  • 会津

 11月3日(火)文化の日、福島県立美術館移動美術館の関連事業として「触って見て楽しむ美術鑑賞ワークショップ」が、喜多方市美術館において、開催されました。
 主に視覚に障害のある方を対象に、ブロンズの美術作品に手で触れて鑑賞するワークショップです。 オーギュスト・ロダン、ヘンリー・ムーアといった、海外の著名な作家の彫刻作品を触ったり、作品について話したりしながらの鑑賞会を午前、午後の各1回、計2回に渡り実施したものです。
 作品を触る鑑賞会の前に、蔵の里イベント蔵で、福島県立美術館の鑑賞補助教材である「アートキューブ」を使って素材の違いによる触感を確かめたりなど、普段のワークショップよりは少しゆっくり丁寧に、楽しむことを第1に考えながら県立美術館学芸員さんが講師となり行いました。
 その後、美術館に移動し、形や質感などを感じながら、普段は触れることができない作品の魅力を介助者もふくめて、みんなで体験しました。午後は参加者が少なめだったので、福島県立美術館の伊藤匡さんによる、絵画の解説も素晴らしいものでした!
 

参加された方からは、他のイベントが色々中止になっている中、実施してもらえて非常にありがたい。まさに文化の日にふさわしい内容ですね!など、うれしいご感想をたくさんいただきました。ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。
 また、ご尽力いただきました、福島県立美術館、福島県点字図書館のみなさまにも、お礼を申し上げます。
ありがとうございました!
 喜多方市美術館のHPもご覧ください!  http://www.kcmofa.com

【記者: 道の駅喜多の郷

地域記者ブログ新着情報