メニュー
Jpn
検索

2011.07.02(土) 14:07 こんな素敵な福島が!会津闇川渓流釣りと鶴ヶ城の旅

  • 福島県内

会津渓流釣りと鶴ヶ城
 
 大震災。そして原発事故関連以来、福島は何かとネガティブな話題ばかりだったが、悲しみに負けてはいられない。何度も訪れた浜通り地方、いつか再び帰れる日が来ると思う。
 先日、初夏の日差しが降り注ぐ会津地方に釣行した。会津若松市から、田島町R121に抜ける会津西街道R118。その途中には、会津観光を代表する鶴ヶ城。東山温泉。芦ノ牧温泉。そして湯の上温泉。会津大川沿いには多くの温泉郷がある。
その大川本流には、幾筋ものトラウト(岩名&山女魚)リバーが流れ込んでいる。その中に、原生林に囲まれた闇川(やみかわ)がある。この渓流は、苔むした岩盤地帯を流れているから、シダ類が張り付き渓相が素晴らしい。

闇川
闇川

闇川

会津鶴ヶ城

フライタックルは、7F3番。7F5Ⅹリーダー。セレクトフライは、14番パラシュートブラウン。水面上は、ブナの樹木が多く神秘的なフィールドだ。
 小さなワンド(溜り)で、ライズ(虫を捕食)を発見。ショートキャストで、フライ(毛鉤)をプレゼント。待ってましたとばかりに、反転してフライを飲み込んだ。
背中の白い斑点が、日差しを浴びてキラリと輝く自然イワナだった。
20㎝ほどの小振り魚体だったが、最高に幸せな気分。撮影後素早くリリースして、流れに戻してあげた。大岩が連続するフィールド。ゴロ石落ち込み下には、間違いなくイワナ(山女魚は陽射しのある所)が着いている。
林道沿いの可憐な野草と、山肌の湧水が美味しい。是非、こんな素敵な福島に旅をして欲しい。

●会津非出資漁協:TEL0242:56:4388
渓流釣日券:700円
アクセス。:磐越道会津若松ICから、R118経由芦ノ牧温泉手前コンビニ(ファミマ)から左折。大戸岳登山口方面約20分。

ハンピーフライ
ハンピーフライ
美しいイワナ
美しいイワナ

「鶴ヶ城会館からお城へ。」
会津若松の象徴は、御存じ「会津鶴ヶ城」である。
此処には何度も訪れているが、赤瓦に模様替えしてからは初めての探訪だ。
お城に行く最も早い近道は、会津鶴ヶ城会館を抜けて行くのだ。もっとも、この場所は本来お土産売り場を併設している会津物産会館なのである。入口には、柳津福満虚空蔵尊のお土産で知られるあわまんじゅう店(小池菓子舗)が実演販売している。これは美味しいですよ!お勧めです。

お城への道は、お堀の水辺と石積みを眺めての心休まる散歩道。
お堀を渡り、二つ目の石垣を曲がると、雄大なお城が目の前に広がります。余りにも真下だったので、赤瓦の全貌は見られなかったが、いつみても素晴らしい光景でした。会津に来たら、まずは磐梯山と猪苗代湖。そして会津鶴ヶ城見物。ご宿泊は、東山温泉郷が一番近いです。
もちろん、放射線量は最低値で全てクリアしていますので、安心してご旅行をプランニングしてください。

詳細は:会津若松市観光公社:http://www.tsurugajo.com/turugajo/shiro-top.html
詳細は:鶴ヶ城会館:http://tsurukan.com/
会津東山温泉観光協会:http://www.aizu-higashiyama.com/

県内のお土産品と郷土品
県内のお土産品と郷土品
小池菓子舗
小池菓子舗

【記者: 渡辺 良雄

地域記者ブログ新着情報