メニュー
Jpn
検索

はじめての福島 会津地方

会津地方

恵まれた自然と武家の精神(会津、南会津)

福島県西部一帯を占めているのが会津エリアです。
会津地方は、会津若松市、喜多方市を中心とした北側の会津エリアと、南会津、桧枝岐、下郷などを中心とした南会津エリアにわかれます。

会津地方

会津エリア (会津若松市・喜多方市・猪苗代町・磐梯町・会津美里町・会津坂下町・柳津町・三島町・金山町・西会津町・昭和村・北塩原村・湯川村)

会津は豊かな自然にも恵まれており、新緑や美しい花々の春、猪苗代湖をはじめとした美しい湖面を楽しめる夏、鮮やかな紅葉が見事な秋、そしてしんしんと降る雪も格別な冬。 四季折々様々な自然の美しさを楽しめます。また、歴史や文化も大きな特徴です。

福満虚空蔵尊圓蔵寺

(柳津町)

  • 観る
  • 歴史・文化
  • 史跡・文化財
  • 圓蔵寺は大同2年(807)に徳一大師によって開創されたと伝えられ、御本尊の福満虚空蔵尊は弘法大師の作と伝えられます。日本三大虚空蔵尊のひとつ、丑寅年生まれの守本尊として知られおり、県十大祭りのひとつ七日堂裸まいりは、1年の幸福と無病息災を祈る奇祭として知られています。

    また、年末年始は大晦日の夜から多くの参拝客が訪れ新年の福を祈願する。

    鶴ヶ城

    (会津若松市)

  • 観る
  • 歴史・文化
  • 史跡・文化財
  • 会津若松市のシンボルである鶴ヶ城。この春瓦屋根が幕末時の赤瓦にふき替えられました。印象が一変し、天守閣は郷土博物館となっており、会津の多彩な歴史資料が展示されています。

    鶴ヶ城の桜は、明治41年(1908)会津若松市に陸軍歩兵第65聯隊が設置されたのを記念し植樹されました。約1,000本の桜が花をつける会津随一の桜の名所で、ソメイヨシノを中心に多種の桜が春爛漫の会津を彩ります。

    秋には紅葉を見ながらの散策も楽しめる。夜にはライトアップされ、お掘りの水面に白く映る様は幻想的。車イス使用者対応トイレ有。

    南会津エリア (南会津町・下郷町・只見町・桧枝岐村)

    南会津エリアは平均の標高が約500メーターあり、四方を美しい山に囲まれていて四季を通じて自然と遊べるエリアです。 尾瀬の麓にあたり、水がきれいで温泉も多く、冬は雪質が良いので周辺のスキー場に多くのスキー客が訪れます。 また、伊南川のアユやそばが美味しいことでも有名です。