メニュー
Jpn
検索

はじめての福島 中通り

中通り

美しい花々と豊かないで湯の里(県北、県中、県南)

県中央部、奥羽山脈と阿武隈山地にはさまれたエリアです。
中通りは北から順に、県北(けんぽく)、県中(けんちゅう)、県南(けんなん)エリアにわかれています。

福島県中通り

県北エリア(福島市・二本松市・本宮市・伊達市・桑折町・国見町・川俣町・大玉村)

県北地域は、中通りの北部に位置しています。吾妻・安達太良連峰、阿武隈山地の景観やスカイライン等の有料道路、さらに飯坂温泉をはじめとした数々の温泉地など、 多くの観光資源を有するとともに、もも、りんご、なし等全国有数の果樹地帯を形成しています。 エリア内には、磐梯朝日国立公園のほかに、霊山、霞ヶ城、阿武隈高原中部の3カ所の県立自然公園があります。

県中エリア (郡山市・須賀川市・田村市・三春町・小野町・鏡石町・石川町・浅川町・古殿町・天栄村・玉川村・平田村)

南北に流れる阿武隈川の流域に安積平野が広がり、西には猪苗代湖、東には阿武隈高地を擁したエリアです。 春には三春の「滝桜」をはじめ、さまざまな花が咲き誇ります。また、本県の空の玄関口である福島空港があります。

あぶくま洞

(田村市)

  • 観る
  • 自然
  • あぶくま洞は、およそ8,000万年という歳月をかけて創られた大自然の造形美。
    全長約600mの洞内は、天井から大きく下がる鍾乳石や床下からタケノコのように堆積してできる石筍(せきじゅん)など千変万化の神秘の世界が続いています。
    したたり落ちる地下水が自らの溶食作用によって創りあげる様々な造形美にはそれぞれに名前が付けられ、訪れる人を魅了します。
    三層に分かれる洞内で最大のホール「滝根御殿」では、クリスタルカーテンやボックスワーク、シールド、洞穴サンゴなど、ここでしか見ることのできない貴重な鍾乳石を間近に鑑賞できます。

    こどもの国ムシムシランド

    (田村市)

  • 観る
  • 自然
  • 殿上山の斜面を利用した遊具施設で一日のんびり遊べます。バーベキューハウスやバンガ ロー、宿泊施設「スカイパレスときわ」も同じエリア内にあります。また日本初のカブト ムシドーム「カブトムシ自然観察園」を中心とした自然とふれあう空間でもあります。(遊具施設、バーベキューハウス、バンガローは震災の影響により休止中です)

    安達太良山

    (二本松市)

  • 観る
  • 自然
  • 日本百名山に数えられる標高1,700mの山で、南北9kmに連なる安達太良連峰の主峰。
    花の百名山としても4月から10月上旬までコブシ、カタクリ、ヤシオツヅジ、ドウダンツツジ、ウラジロヨーラク、レンゲツツジ、ハクサンシャクナゲ、ラベンダー、リンドウなど高原の花が順次開化し、訪れる人の目を楽しませている。

    数々の登山口があるが、郡山市側からは「石延ふれあい牧場」近くの石筵登山口から入山できます。このルートは、途中「銚子ヶ滝」に立ち寄れるのが大きな魅力です。
    「日本百名山」、「花の百名山」にも登録されている名山。
    あだたらロープウェイを使えば、8合目付近まで10分程度で登れることから、毎年幅広い世代の方が訪れる。

    県南エリア (白河市・矢祭町・棚倉町・矢吹町・塙町・西郷村・泉崎村・中島村・鮫川村)

    みちのくの玄関口として古来より有名な「白河の関」があるように、県内の南に位置したエリアです。豊かな自然囲まれ四季折々の美しさを堪能できます。 喜多方市につぐラーメンの町でもある白河市を始め、様々なグルメがあります。小峰城や南湖公園など歴史ある景勝地があるエリアです。