メニュー
Jpn
検索

はじめての福島 中通り

中通り

美しい花々と豊かないで湯の里(県北、県中、県南)

県中央部、奥羽山脈と阿武隈山地にはさまれたエリアです。
中通りは北から順に、県北(けんぽく)、県中(けんちゅう)、県南(けんなん)エリアにわかれています。

福島県中通り

県北エリア(福島市・二本松市・本宮市・伊達市・桑折町・国見町・川俣町・大玉村)

県北地域は、中通りの北部に位置しています。吾妻・安達太良連峰、阿武隈山地の景観やスカイライン等の有料道路、さらに飯坂温泉をはじめとした数々の温泉地など、 多くの観光資源を有するとともに、もも、りんご、なし等全国有数の果樹地帯を形成しています。 エリア内には、磐梯朝日国立公園のほかに、霊山、霞ヶ城、阿武隈高原中部の3カ所の県立自然公園があります。

磐梯吾妻スカイライン

(福島市)

  • 観る
  • 自然
  • 福島市を代表する紅葉の名所で、日本の道100選にも選ばれています。天狗の庭、つばくろ谷などが見所で、紅葉の時期になると赤やオレンジ、黄色の絨毯が広がる絶景に出会えます。

    【一部区間 夜間通行止めのお知らせ】
    2019/6/28(金)に再開通されました磐梯吾妻スカイラインは、これまでの測定結果から夜間に火山性ガスの濃度が高くなる傾向にあるため、2019/7/1より一部区間で夜間通行止めとなります。夜間、早朝に通行を予定されていた方はご注意ください。

    期間:令和元年7月1日(月)~ 当分の間
    時間:17:00~翌朝8:00
    場所:不動沢~浄土平
    ※旧高湯ゲート~不動沢(不動沢で折り返しになります。)
    ※旧土湯ゲート~浄土平は通行可能です。

    福島県道路管理課HP
    https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/41035c/190701-dourokanri.html

    清 まるせい果樹園

    (福島市)

  • 体験
  • 果実・野菜狩り
  • 吾妻山の麓、くだもの王国ふくしま。
    まるせい果樹園のくだものは、6月の「さくらんぼ」から始まり、甘さたっぷりの「桃」、みずみずしい「梨」、芳醇な香りの「ラ・フランス」。そして蜜入りの「サンふじ」まで新鮮な美味しさがいっぱい。みなさまへ、季節の彩りと笑顔をお届けします。

    【料金の目安】
    サクランボ:大人1,500円(平日1,300円)、子ども1,200円(平日1,000円)
    桃:大人1,100円(平日800円)、子ども900円(平日600円)
    梨:大人700円(平日500円)、子ども600円(平日400円)
    リンゴ:大人700円(平日500円)、子ども600円(平日400円)
    ※掲載の料金は目安です。事前に果樹園に直接ご確認ください。

    【駐車場】

    県中エリア (郡山市・須賀川市・田村市・三春町・小野町・鏡石町・石川町・浅川町・古殿町・天栄村・玉川村・平田村)

    南北に流れる阿武隈川の流域に安積平野が広がり、西には猪苗代湖、東には阿武隈高地を擁したエリアです。 春には三春の「滝桜」をはじめ、さまざまな花が咲き誇ります。また、本県の空の玄関口である福島空港があります。

    安達太良山

    (二本松市)

  • 観る
  • 自然
  • 日本百名山に数えられる標高1,700mの山で、南北9kmに連なる安達太良連峰の主峰。
    花の百名山としても4月から10月上旬までコブシ、カタクリ、ヤシオツヅジ、ドウダンツツジ、ウラジロヨーラク、レンゲツツジ、ハクサンシャクナゲ、ラベンダー、リンドウなど高原の花が順次開化し、訪れる人の目を楽しませている。

    数々の登山口があるが、郡山市側からは「石延ふれあい牧場」近くの石筵登山口から入山できます。このルートは、途中「銚子ヶ滝」に立ち寄れるのが大きな魅力です。
    「日本百名山」、「花の百名山」にも登録されている名山。
    あだたらロープウェイを使えば、8合目付近まで10分程度で登れることから、毎年幅広い世代の方が訪れる。

    県南エリア (白河市・矢祭町・棚倉町・矢吹町・塙町・西郷村・泉崎村・中島村・鮫川村)

    みちのくの玄関口として古来より有名な「白河の関」があるように、県内の南に位置したエリアです。豊かな自然囲まれ四季折々の美しさを堪能できます。 喜多方市につぐラーメンの町でもある白河市を始め、様々なグルメがあります。小峰城や南湖公園など歴史ある景勝地があるエリアです。