福島県観光情報サイト

法人・企業の皆様
はこちらから

田中玄宰の墓 (たなかはるなかのはか)

  1. HOME
  2. スポット一覧
  3. 田中玄宰の墓

田中玄宰は会津藩家老で三代の藩主に仕えた名宰相で、34歳で家老となり、天明の改革を提言し大きな成果をあげました。農民や町民に、養蚕・漆木などの栽培や、漆器・酒造・ろうそく・陶磁器の手工業の殖産興業を勧めました。特に、漆器については、京都から蒔絵や金粉・金箔等の技術を導入し、中国やオランダへ輸出するほどになり、今日の会津漆器産業の礎を築きました。このほか、会津藩校日新館を創設して教育改革を行うなど、人材育成にも力を入れました。玄宰は会津藩樺太出兵の最中、61歳で病没しましたが、「わが骨は鶴ヶ城と日新館の見えるところに埋めよ」との遺言によって、墓は小田山の山頂に建てられました。

DATA

交通アクセス

電車:JR磐越西線会津若松駅からバス 花見ヶ丘下車徒歩約20分

住所

福島県会津若松市花見ケ丘3丁目

お問い合わせ先

会津若松市観光課

TEL:0242-39-1251

ホームページ http://www.aizukanko.com/