福島県観光情報サイト

法人・企業の皆様
はこちらから

新宮熊野神社長床 (しんぐうくまのじんじゃながとこ)

  1. HOME
  2. スポット一覧
  3. 新宮熊野神社長床

天喜3(1055)年、源頼義が紀州熊野三社を勧請したと伝わる神社です。茅葺屋根の拝殿「長床(ながとこ)」は平安時代末期の建築で、国の重要文化財に指定されています。 長床の前には樹齢800年ともいわれる大イチョウがあり、晩秋になると落ち葉がまるで黄色いじゅうたんのように境内を美しく彩ります。11月中旬~下旬の見頃の時期にはライトアップが行われ、大イチョウが幻想的な雰囲気を醸し出します。 また、春のしだれ桜もとてもきれいです。桜の写真は長床のとなりにある鐘楼の近くから撮るのがおすすめです。

DATA

交通アクセス

車:磐越自動車道会津若松ICから車約30分

電車:JR磐越西線喜多方駅から車約10分

住所

福島県喜多方市慶徳町新宮字熊野2258

お問い合わせ先

新宮地区重要文化財保存会

TEL:0241-23-0775

FAX: 0241-23-0775

ホームページ http://www.kitakata-kanko.jp/
案内

例年の桜の見頃 4月下旬 例年の紅葉の見頃 11月中旬~下旬