福島県観光情報サイト

法人・企業の皆様
はこちらから

史跡慧日寺跡 (しせきえにちじあと)

  1. HOME
  2. スポット一覧
  3. 史跡慧日寺跡

慧日寺は平安時代の初めに南都法相宗の高僧「徳一菩薩」によって開かれた寺院で、東北では開基が明らかな寺院としては最古のものとして知られています。広大な寺跡は昭和45年に国の史跡に指定され、復元整備が進められています。平成20年に金堂と中門が復元。さらに金堂内の展示物として薬師如来坐像が復元制作され、平成30年夏から一般公開されています。

敷地内には、慧日寺を開いた徳一菩薩の墓と伝えられる平安時代の石塔「徳一廟」があります。かつては三重と思われていましたが、発掘調査により五重の石塔であることが分かりました。史跡慧日寺跡には、ほかにも仁王門や薬師堂など多くの見どころがあります。

春には、樹齢800年を数えるエドヒガンザクラ「木ざし桜」が花を咲かせます。平安末期ごろ、慧日寺の宗徒頭・乗丹坊が挿した桜の杖がこの木になったという伝承が残っています。種まき桜ともいわれ、この桜の花が咲き始めると田畑作業を始める目安とされていました。

DATA

交通アクセス

車:磐越自動車道磐梯河東ICから車約7分

電車:JR磐越西線磐梯町駅から徒歩約15分

駐車場

あり

住所

福島県耶麻郡磐梯町大字磐梯字寺西38

お問い合わせ先

磐梯山慧日寺跡資料館

TEL:0242-73-3000

FAX:0242-73-3480

ホームページ https://www.town.bandai.fukushima.jp/site/enichiji/
案内

開館時間 9:00~17:00 休館日 12/1~3/31 料金 一般・大学生500円、高校生400円、小・中学生300円(磐梯山慧日寺資料館との共通入館券) 例年の桜の見頃 4月下旬~5月上旬