メニュー
Jpn
検索

しゃくしがいりめぐすりのき杓子ケ入メグスリノキ(喜多方市)

  • 会津
  • 観る

 林野庁「森の巨人たち100選」に選ばれた雄国山麓に自生する巨木。幹周り4.1m 高さ20m。メグスリノキはとは「目薬の木」という意味で、古くから樹皮などを煎じた液が洗顔薬として用いられたことによる。
 目を良く見えるようにするという意味から「千里眼の木」をも呼ばれた。雄国山麓にひっそりと佇む「メグスリノキの巨木」

所在地喜多方市喜多方市中屋沢字水山
交通アクセス車:磐越道会津若松インターから国道121号線を経由して約25分。付近はクマやカモシカの生息地なので出没に注意。
鉄道:R磐越西線塩川駅下車、タクシーで約15分
お問合せ先メグスリノキ・巨樹巨木保全協議会(塩川総合支所教育課内)
TEL : (0241)27-8854