メニュー
Jpn
検索

なんここうえん南湖公園(白河市)

  • 県南
  • 観る
  • 歴史・文化
  • 史跡・文化財

1801年に12代白河藩主松平定信(楽翁公)が身分の差を越え誰でも憩える「士民共楽」の理念のもと築造した日本最古と言われる公園。
湖畔には、吉野桜(約800本)・ツツジ・松・楓などがあり、春の桜・初夏の新緑・秋の紅葉・冬の雪景色と那須連山のコントラストが美しく、四季折々の景観が楽しめます。
公園内には、定信を祭神といしている南湖神社、本格的な日本庭園「翠楽苑」、定信の理念の反映された茶室「共楽亭」があります。
湖畔のお店で販売されている「南湖だんご」は各店で味を競い合っており美味。一度ご賞味ください。

所在地白河市五郎窪山45-1
交通アクセス車:東北道白河ICから10分
鉄道:JR東北新幹線新白河駅からバス10分南湖公園下車
駐車場有り:無料250台(大型駐車場あり)
お問合せ先(公財)白河観光物産協会
TEL : 0248-22-1147
eメール : shirakawakankou@shirakawa.ne.jp
ホームページhttp://shirakawa315.com/
案内紅葉:南湖の湖畔を散策しながら色づいたカエデなどの
紅葉を楽しむことができる。また、湖面に映り込む様子も綺麗。

関連情報

観光フォトライブラリ

おすすめ周辺スポット