メニュー
Jpn
検索

あつかしやまぼうるい阿津賀志山防塁(国見町)

  • 県北
  • 観る
  • 歴史・文化

文治5年(1189)の奥州合戦において、平泉の藤原氏が源頼朝率いる鎌倉軍を迎え撃つために築いた防塁跡。厚樫山の中腹から南に下り、阿武隈川の旧河道である滝川までの3.2kmにわたり存在する。

所在地国見町大字石母田字国見山中地内ほか
お問合せ先国見町まちづくり交流課
TEL : 024-585-2967
ホームページhttps://www.town.kunimi.fukushima.jp/site/kanko/1991.html

観光フォトライブラリ