メニュー
Jpn
検索

てんぐとうのはか天狗党の墓(棚倉町)

  • 県南
  • 観る
  • 歴史・文化

江戸時代末期、水戸藩の過激派浪士らは、尊王攘夷の旗を掲げて筑波山に挙兵しました。元治元年(1864)、世にいう水戸天狗党の乱です。しかし分裂により弱体化した天狗党は、筑波山を捨て八溝山にて再決起、党の立て直しを図りましたが、棚倉藩兵に囚われ斬刑に処せられました。この20名の党員の御魂が八溝山のふもと大梅字段河内の地に眠っています。
当時の棚倉藩主松平周防守康英が処刑地に「三界万霊塔」の供養碑を建立し、現在この地は天狗平と呼ばれ、いまだに浪士の末路の悲惨さを物語っています。

所在地福島県東白川郡棚倉町大梅
ホームページhttp://www.town.tanagura.fukushima.jp/

おすすめ周辺スポット