メニュー
Jpn
検索

しおやざきとうだい塩屋埼灯台(いわき市)

  • いわき
  • 観る
  • 施設

薄磯海岸の海抜73メートルの断崖に立つ白亜の灯台で、明治32年(1899年)に開設された。全国に16しかない「のぼれる灯台」の一つ。
今でも沖合40キロの海上まで光を放ち、船の安全を守っている。
昭和31年に雑誌に掲載された塩屋埼灯台長の奥様の手記が、映画「喜びも悲しみも幾年月」の原点となっている。
ふもとには美空ひばりの歌碑が建立され、多くの観光客が訪れている。
青い水平線と黒松の樹帯にある白い灯台。

所在地いわき市平薄磯宿崎33
交通アクセス車:常磐自動車いわき中央I.Cから約25キロ、車で約40分
鉄道:JR常磐線いわき駅下車江名経由小名浜行きバス、灯台入口下車、徒歩15分
駐車場有り:50台(大型可10台)
お問合せ先塩屋埼灯台橙光会
TEL : 0246-39-3924
ホームページhttp://www.kankou-iwaki.or.jp/
案内<参観料(参観寄付金)>
中学生以上300円/小学生以下無料
<営業時間>
●3月~9月●
土日等:9:00~16:30(最終入場16:00)
平日:9:00~16:00(最終入場15:30)
●10月~2月●
9:00~16:00(最終入場15:30)
トイレ /有り
休館日/強風・悪天候時

関連情報

観光フォトライブラリ

おすすめ周辺スポット