メニュー
Jpn
検索

おなべじんじゃ御鍋神社(天栄村)

  • 県中
  • 観る
  • 歴史・文化

今から約1,000年前、平安時代の中頃、戦いに敗れた平将門の妻、桔梗姫とその一族郎党が追っ手を逃れ、密かにこの地に隠れ住んだと伝えられる。
桔梗姫は将門の子を産んだが、残党狩りが厳しく姫ら一行は鍋のみを残し、姿を消したとされている。
この鍋をご神体として祀って以来、御鍋神社と呼ばれるようになった。
なお、社前のサワラの木は樹高約42m、胸高周囲約3.8mで、平成12年に林野庁が国内100ヶ所の巨木、名木を選んだ「森の巨人たち100選」に選出されている。
二岐温泉が近い。

所在地天栄村大字湯本国有林地内
交通アクセス車:東北自動車道須賀川I.Cから1時間30分
鉄道:
お問合せ先天栄村ふるさと文化伝承館
TEL : (0248)81-1030

おすすめ周辺スポット