> ニュース&トピックス > 2020.02.18(火) 08:47 熊本県立球磨工業高等学校が修学旅行で初来県。猪苗代町でスキー研修を行いました。

ニュース&トピックス

2020.02.18(火) 08:47 取材記事(教育旅行)熊本県立球磨工業高等学校が修学旅行で初来県。猪苗代町でスキー研修を行いました。

目の前には山々が広がる

インストラクターの丁寧な指導

身体の使い方を練習

リフトにも慣れて笑顔がこぼれます

[日程]
 令和2年1月21日~1月24日(3泊4日)
(本県の滞在は1月21日~22日 1泊2日)

[学校名・学年・人数]
 熊本県立球磨工業高等学校 1学年 160名

[来県市町村]
 猪苗代町

[本県を訪れた目的]
 熊本県では体験できないスキー教室を通した冬の自然体験を目的に修学旅行で初来県した。
 スパリゾートハイアンズ・ダンシングチーム(フラガール)が「きずなキャラバン」で熊本県を訪れ交流を深めた話題や、県内の他校が福島県を訪れ充実した修学旅行であったことを知り、これらをきっかけに本県での実施となった。
                                          
[取材内容]
 取材日:令和2年1月22日(会場:箕輪スキー場)
 スキー教室の二日目。ひんやりとした空気で澄み渡り周辺の山々の雪景色も綺麗で、絶好のスキー日和となりました。
 この日、生徒達はリフトで上まで登り、初心者向けのコースへ挑戦しました。
 インストラクターの説明を聞き滑走時の身体の動きを覚え、斜面を少しずつ降りていきました。地元ではなかなか降らない雪に触れ、緊張しながらも生徒たちは順調に感覚をつかみ、手足をうまく使ってバランスをとり、転んでも自力で立ち上がったりできるようになりました。午前のレッスン終了時には、ストックを使わずに滑り降りられるほどに上達し、堂々とした姿に笑みもこぼれていました。

[生徒のコメント①]
「福島県は雪の量が多くて驚いた。初めてのスキーだったので、雪に足がとられたりして難しかった。なかなかコツがつかめないでいたが、インストラクターの先生も優しく教えてくださったのでとても楽しめた。またスキーにチャレンジしたい。」
(1年 増村光智代さん)

[生徒のコメント②]
「福島県は景色が綺麗だった。スキーは斜面を登るのが難しかったが、ブレーキのときにしっかり足を開くなど具体的なコツをつかむことができた。地元では近くにスキー場がないのでとても楽しめた。」
(1年 糸原旺輝さん)

[先生のコメント]
「普段見ることのできない雪景色を見て感動したり、集団で慣れないスキーをすることで協力する姿勢を学んだりと、思い出に残る旅行になった。今回福島に来て感じたことを、これから進路を考える際にも活かしてもらえると嬉しい。」
(1学年主任 竹内好輝先生)



今回利用された施設はこちら
(ふくしま教育旅行ホームページ内)

◎箕輪スキー場
https://www.tif.ne.jp/kyoiku/program/disp.html?id=309

◎森の旅亭 マウント磐梯
https://www.tif.ne.jp/kyoiku/sisetu/disp.html?id=34

他のニュース&トピックス

対象件数 581件