> ニュース&トピックス > 2022.05.23(月) 14:25 福島県SDGs探究プログラム【裏磐梯に学ぶ景観保持(環境保全型プログラム)】

ニュース&トピックス

2022.05.23(月) 14:25 その他福島県SDGs探究プログラム【裏磐梯に学ぶ景観保持(環境保全型プログラム)】

景観に配慮した色を使用した看板

■福島県SDGs探究プログラムとは
 福島県では、県内の教育旅行を通じてSDGsについて学べる「SDGs探究プログラム」を全38本造成しました。児童生徒に学んでほしいことや考えてもらいたいことがわかりやすく伝わるよう、見学や体験の構成を組み立てたプログラムになっています。福島県教育旅行の新たなコンテンツとしてご活用いただくため、毎月1プログラムをご紹介します。

■今月紹介するプログラムはこちら!
 豊かな自然の宝庫である裏磐梯は、1950年に磐梯朝日国立公園に指定されました。自然と景観を保護するため、人の活動に対する制限や規制が行われています。
 自然公園内に立地し、景観保持へ取り組んでいるActive Resorts 裏磐梯の「裏磐梯に学ぶ景観保持(環境保全型プログラム)」は、専任ガイドと行う特定外来生物のオオハンゴンソウの除去作業やごみ拾いなどから、環境保全について学ぶことができます。「自分たちが暮らす地域で残していきたい自然・景観にはどのようなものがあるか」「今から自分ができることは何か」を考えるきっかけにつながります。
◎裏磐梯に学ぶ景観保持(環境保全型プログラム)の詳細はこちら(PDFがダウンロードできます)
https://www.tif.ne.jp/kyoiku/info/data/674-0.pdf

■お問い合わせ先
Active Resorts 裏磐梯
https://www.daiwaresort.jp/urabandai/index.html

■福島県SDGs探究プログラムシート38本(PDFがダウンロードできます)
全38本のプログラムの詳細を掲載しています。SDGs「17の目標(ゴール)と169のターゲット」のうち、どれに該当しているかなど詳細を確認することができます。
https://www.tif.ne.jp/kyoiku/download/data/48.pdf

他のニュース&トピックス

対象件数 575件