> 合宿・宿泊施設検索 > 教育旅行・体験学習プログラム > No.353:アクアマリンふくしま(ふくしま海洋科学館)(いわき市)

教育旅行・体験学習プログラム

No.353アクアマリンふくしま(ふくしま海洋科学館)(いわき市)

学びの狙い

 潮目の海のさまざまな生物を観察 「海を通して人と地球の未来を考える」という基本理念をかかげている水族館です。
 館内には福島県沖にも現れる黒潮と親潮がであう「潮目の海」を表現した大水槽を中心に、シーラカンスの化石などを展示する「海・生命の進化」、本物の植物を使って福島県の水辺の自然を再現した「ふくしまの川と沿岸」、福島県沖の魚を紹介する「ふくしまの海」などのコーナーがあり、さまざまな生物を見ることができます。
 また自分で釣った魚を調理して食べることができる「釣り体験」や水族館の裏側を見学するバックヤードツアー、東日本大震災からの復興までの道のりを紹介する震災復興プログラムなどの学習プログラムがあるほか、ボランティア活動(15歳以上)、職場体験(中学生・高校生)の受け入れも行っています。

プログラムデータ

エリア いわき
目的 震災・防災学習
お問い合わせアクアマリンふくしま(ふくしま海洋科学館)
〒 971-8101 福島県いわき市小名浜字辰巳町50
TEL 0246-73-2539
FAX 0246-73-2526
メールアドレス amf@aquamarine.or.jp
ホームページ http://www.aquamarine.or.jp
アクセス常磐自動車道 いわき湯本ICから車で20分
一般旅行者の受入
受入可能期間年中無休
受入可能時間9:00~17:30(12月1日~3月20日は17:00まで) 入館は閉館時間の1時間前まで
一回あたりの人数10名~200名
一回あたりの所要時間一般:約30分、教育:約40分(見学時間含まず) (見学込み90~120分、120分が望ましい)
料金入館料 個人・・・一般1,800円、小学生~高校生900円 ※学校教育に基づく活動の場合は、減免制度があります。詳しくはお問い合わせください。
具体的な内容<一般>
■東日本大震災から4カ月後の7月15日の再オープンまでをまとめたガイダンスを行います。
・津波の映像 (実際の津波映像をご覧いただき、体感していただきます。)
・復旧のガイダンス (震災復旧の際に何を学び、何を行ったのか。)
・アクアマリンふくしまの見どころを説明 

※教育旅行以外のお問い合わせ先は0246-73-2525まで。

<教育旅行>
■学校の教育課程で来館する児童、生徒を対象にした「東日本大震災から学ぶ震災学習プログラム」を実施している。

※教育プログラム受入は直接学校から命の教育チーム(0246-73-2539)へご連絡ください。
備考講演場所:館内の研修室 アクアルーム1かアクアルーム2(10~70名)/マリンシアター(70~200名)

完全予約制。

※館内見学の前に講演を聞くことを推薦しています。

<教員の皆様の教育旅行下見について>
・旅行エージェント同行の場合は打合せ扱いとなり、入館料は減免されます。その際は名刺をご持参ください。
・教員の皆様だけでお越しになる場合は、減免請求が必要となります。
海外旅行者の受入

ほかの体験プログラム登録件数 420件

対象件数 59件

1~8件