> 合宿・宿泊施設検索 > 教育旅行・体験学習プログラム > No.53:スタディファーム(二本松市)

教育旅行・体験学習プログラム

No.53スタディファーム(二本松市)

学びの狙い

福島県の農家は、実際どのようにして放射能対策を行っているのか、いわゆる風評被害の現状は?…について、農業者が直接説明します。また、希望すれば、季節により、きゅうりもぎとり、野菜の種まき、田植え、稲刈り…などの農業体験もすることができます。

プログラムデータ

エリア 県北
目的 農村・収穫体験、震災・防災学習
お問い合わせNPO法人がんばろう福島、農業者等の会(農業生産法人㈱二本松農園)
〒 964-0976 福島県二本松市新生町490
TEL 0243-24-1001
FAX 0243-24-1536
メールアドレス s@farm-n.jp
ホームページ http://www.farm-n.jp/study
アクセス東北自動車道 二本松IC(車15分)
一般旅行者の受入
受入可能期間3月~11月
受入可能時間9:00~16:00
一回あたりの人数50名
一回あたりの所要時間90分程度
料金中学生まで500円(税込)、一般1000円(税込)
具体的な内容二本松農園の中央には丘があり、そこは、福島第一原発からちょうど50kmにあたります。この丘には、震災後、福島県の農家がどのようにして放射能対策に取り組んできたかを説明する看板や資材などが設置されており、農園の代表が直接説明します。また、季節により、きゅうりもぎとり、野菜の種まき、田植え、稲刈り・・・などの農業体験もすることができます。
備考外国人視察者・旅行者にも対応できます。(外国語ホームページもあり)
海外旅行者の受入

アクセスマップ

ほかの体験プログラム登録件数 429件

対象件数 58件

17~24件