> 合宿・宿泊施設検索 > 教育旅行・体験学習プログラム > No.530:相馬市伝承鎮魂祈念館・慰霊碑(相馬市)

教育旅行・体験学習プログラム

No.530相馬市伝承鎮魂祈念館・慰霊碑(相馬市)

学びの狙い

震災の犠牲者を追悼し残されたご遺族の心の拠り所とし、東日本大震災の津波により被災した尾浜・原釜地区、磯部地区の震災前の風景を後世に伝え、来訪者の交流の場とすることを目的に建設されたもので、震災前の風景や地域の催しの写真の展示や震災当日の映像記録などが展示されています。

プログラムデータ

エリア 相双
目的 震災・防災学習、ガイド
お問い合わせ相馬市観光協会
〒 976-0042 相馬市中村字北町55-1
TEL 0244-35-3300
FAX 0244-35-3210
メールアドレス kanko@bb.soma.or.jp
ホームページ https://soma-kanko.jp/
アクセス常磐自動車道 相馬IC~車で17分 新地IC~車で11分
一般旅行者の受入
受入可能期間通年
受入可能時間午前9時~午後5時
一回あたりの人数30名(1グループ~1クラス)
一回あたりの所要時間30分(語り部有の場合60分)
料金無料(語り部有の場合・2,000円/1グループ)
具体的な内容慰霊碑の前で、東日本大震災の津波の被害の説明を聞き、伝承鎮魂祈念館で、DVDや当時の写真、新聞記事を見学します。
オプションで【語り部さん】から、震災時の緊迫した状況や、避難の経緯などの体験談を聞くことによって、命の大切さや、【自分の命は自分で守る】等、災害に備える力と心を養います。
海外旅行者の受入
(通訳が同行する場合のみ可)

アクセスマップ

ほかの体験プログラム登録件数 429件

対象件数 58件

17~24件