> 合宿・宿泊施設検索 > 教育旅行・体験学習プログラム > No.531:相馬市防災備蓄倉庫『相馬兵糧蔵』・殉職消防団員慰霊碑(相馬市)

教育旅行・体験学習プログラム

No.531相馬市防災備蓄倉庫『相馬兵糧蔵』・殉職消防団員慰霊碑(相馬市)

学びの狙い

防災備蓄倉庫の見学を通し、災害時に必要な「水・食」について学び、災害時に備えることの大切さに気づき、自分自身が日常生活の中で、「どのような行動をしていけば良いか」を考えることができます。

https://soma-kanko.jp/trip/kyouiku/

プログラムデータ

エリア 相双
目的 震災・防災学習
お問い合わせ相馬市観光協会
〒 976-0042 相馬市中村字北町55-1
TEL 0244-35-3300
FAX 0244-35-3210
メールアドレス kanko@bb.soma.or.jp
ホームページ https://soma-kanko.jp/
アクセス常磐自動車道 相馬IC~車で6分
一般旅行者の受入
受入可能期間通年
受入可能時間午前9時~午後5時
一回あたりの人数30名(1グループ~1クラス)
一回あたりの所要時間40分
料金無料
具体的な内容東日本大震災時に発令された、「大津波警報」のもと、勇敢に最前線で、避難広報と避難誘導を行い殉職した消防団員の慰霊碑を案内した後、震災の教訓を生かし、有事に備え、作られた倉庫・研修室・炊飯コーナーを見学しながら、災害時相互応援協定を締結した自治体との取り組み等の説明を聞き、災害に備える事の重要性を学びます。
海外旅行者の受入
(通訳が同行する場合のみ可)

アクセスマップ

ほかの体験プログラム登録件数 429件

対象件数 58件

17~24件