> 合宿・宿泊施設検索 > 教育旅行・体験学習プログラム > No.533:相馬双葉漁業協同組合(相馬市)

教育旅行・体験学習プログラム

No.533相馬双葉漁業協同組合(相馬市)

店舗情報

めざせ【常磐もの】の復活!福島県漁業復興への取組 試験操業の現状と今後の展望を学びます。

プログラムデータ

エリア 相双
目的 震災・防災学習、産業・職場体験、昼食場所
お問い合わせ相馬市観光協会
〒 976-0042 相馬市中村字北町55-1
TEL 0244-35-3300
FAX 0244-35-3210
メールアドレス kanko@bb.soma.or.jp
ホームページ https://soma-kanko.jp/
アクセス常磐自動車道 相馬IC~車で18分 新地IC~車で12分
一般旅行者の受入
受入可能期間通年(土日祝日は漁がありません)
受入可能時間午前9時~午後4時
一回あたりの人数30名(1グループ~1クラス)
一回あたりの所要時間60分
料金無料
具体的な内容震災後、新しく建替えられた漁業施設でセリや水揚げの様子や仲買業者が魚介類の選別や、出荷準備を行う様子を間近で見学した後に、漁協の会議室で【試験操業】や【放射性物質のスクリーニング検査】について学び、震災前後の水揚げ量や漁獲高の推移を通じて、【水産業の担い手】や【風評】など福島県の持つ様々な課題について考えるきっかけを提示します。
備考・漁協の女性部が作る【浜のかあちゃん飯】相馬の魚介類を使った昼食をとることができます。(料金800円~1000円)
・相馬産のほっき貝を自分たちでむいて、刺身や湯引きして食べる体験ができます。(60分~120分 料金800円)
※悪天候や試験操業の為、漁がない場合は、セリ、水揚げ、スクリーニング検査などの様子を見学できない場合もございます。
海外旅行者の受入
(通訳が同行する場合のみ可)

アクセスマップ

ほかの体験プログラム登録件数 429件

対象件数 58件

17~24件