> 合宿・宿泊施設検索 > 教育旅行・体験学習プログラム > No.534:福島県相馬港湾建設事務所(相馬市)

教育旅行・体験学習プログラム

No.534福島県相馬港湾建設事務所(相馬市)

学びの狙い

東日本大震災の津波被害と港の復旧・復興の状況について学びます。

プログラムデータ

エリア 相双
目的 震災・防災学習、産業・職場体験、環境学習
お問い合わせ相馬市観光協会
〒 976-0042 相馬市中村字北町55-1
TEL 0244-35-3300
FAX 0244-35-3210
メールアドレス kanko@bb.soma.or.jp
ホームページ https://soma-kanko.jp/
アクセス常磐自動車道 相馬IC~車で17分 新地IC~車で11分
一般旅行者の受入
受入可能期間通年(土日祝日を除く)
受入可能時間午前9時~午後5時
一回あたりの人数30名(1グループ~1クラス)
一回あたりの所要時間60分~120分
料金無料
具体的な内容港湾建設事務所の会議室で、東日本大震災による地震及び津波によって受けた被災状況や相馬港・松川浦漁港の復旧の現状と、復興へ向けて、相馬港内の企業立地・港の利活用の取組などを座学で学び、その後、港湾建設事務所の屋上から、防災に備えた連続する堤防や防災緑地、避難階段、高台に移転した災害公営住宅等を見学します。
備考【何を目指して復興すべきか】【災害に強いまちをつくるには?】などのワークショップを行うこともできます。
海外旅行者の受入
(通訳が同行する場合のみ可)

アクセスマップ

ほかの体験プログラム登録件数 429件

対象件数 58件

33~40件