> 合宿・宿泊施設検索 > 教育旅行・体験学習プログラム > No.557:會空(あいくう)(会津若松市)

教育旅行・体験学習プログラム

No.557會空(あいくう)(会津若松市)

学びの狙い

・震災後、大熊町から会津若松市に避難している方々と、会津木綿を使用したものづくりをする「會空」を結成。震災時と「會空」を設立してから現在までの話をしてくれる。

・会津への感謝の思いと「あいくー」誕生、制作秘話を聞くことができる。

プログラムデータ

エリア 会津
目的 震災・防災学習
お問い合わせ公益財団法人福島県観光物産交流協会
〒 960-8053 福島県福島市三河南町1-20 コラッセふくしま7階
TEL 024-525-4024
FAX 024-525-4087
一般旅行者の受入不可
受入可能期間通年
受入可能時間9:00~16:30
一回あたりの人数工房20名くらいまで、施設会場は可能
一回あたりの所要時間30分~60分
料金要相談 ※別途交通費
具体的な内容・會空の工房にて、大熊町から会津若松市に避難し、現在に至るまでの講話を行う。
・庄子さんは大熊町で約30年ニットを編む仕事をしており、編み物教室を開くなどものづくりのプロ。また、地域の歴史や民話を残すための「大熊町ふるさと塾」で民話の語り部として活躍していた。現在は、「會空」の仕事のほかに、震災を体験した自分でしか話せない「大熊町民一万人分の1の語り」を続けている。
備考大熊町を「忘れない、忘れないで」をテーマに、大熊町のキャラクターの熊をモデルにしたぬいぐるみ「あいくー」を会津木綿で製作。
・「あいくー」2,500円から(税抜)
・「しまくま」」1,800円(税抜)から
会津木綿の「しま」と福島の「島」、ふたつの意味を込め「しまくま」と名付けられたテディ―ベア。

※販売はネット販売もしくは「アルテマイスター」(会津若松市)、道の駅・猪苗代(猪苗代町)他限定販売(要確認)
海外旅行者の受入不可

ほかの体験プログラム登録件数 429件

対象件数 429件