> 合宿・宿泊施設検索 > 教育旅行・体験学習プログラム > No.561:猪狩 弘之さん(いわき市)

教育旅行・体験学習プログラム

No.561猪狩 弘之さん(いわき市)

学びの狙い

■「原発被災地スタディツアー」(メディア、国、自治体等が伝えない真実を見て、考え、学び、共有する)

【原発被災地スタディツアーコース】(3-4時間)
《視察経路》道の駅よつくら港→<国道6号>東電廃炉資料館~富岡夜ノ森ゲート前~富岡商店街~JR富岡駅~Jヴィレッジ外周→道の駅よつくら港
※起点・終点は[道の駅よつくら港(原則)](3H超…大熊町~双葉町~浪江町延長可。応相談)

プログラムデータ

エリア いわき
目的 震災・防災学習、ガイド
お問い合わせ福島県観光物産交流協会
TEL 024-525-4024
FAX 024-525-4087
受入可能期間通年
受入可能時間要相談
一回あたりの人数バス1台まで(マイクロバス~大型バス)
一回あたりの所要時間【原発被災地コース】3-4時間/【出張講演】1時間~(応相談)
料金【原発被災地コース】普通車15,000円、バス20,000円/【出張講演】応相談
具体的な内容■Aコース…いわき市~富岡町まで(浪江町周辺までも応相談)。バス、車等に同乗し国道6号線を往復しながらスタディガイドを行う。原発被災地の現状と被災地現地を視察し、表面に出ない問題等提起。

■【交通費】講演等・・・いわき市外→実費
◆【内容】➡原発被災地の現状と明日はわが身の認識を全国に届ける。原発事故の悲惨さなど伝え、学び   考え、共有する。特にメディア、国、自治体等が伝えない本当のことを訴え、学んでいただく。
備考■【出張講演】「ふくしまの今…原発事故の現状と課題」(1時間~)
  その他あらゆる要望に対応可能。

ほかの体験プログラム登録件数 429件

対象件数 429件