> 合宿・宿泊施設検索 > 教育旅行・体験学習プログラム > No.564:金澤翔子美術館(いわき市)

教育旅行・体験学習プログラム

No.564金澤翔子美術館(いわき市)

学びの狙い

ダウン症書家「金澤 翔子」の日本で最初の常設展示館。 東日本大震災後、きもの乃館丸三のリニュアルに併せ、また、金澤翔子の東日本の復興への願いもこめて、2012年1月にいわき市遠野の地にオープン。 天与の役目を持って書の道を歩む金澤翔子の作品を案内する。

プログラムデータ

エリア いわき
目的 震災・防災学習、文化施設見学
お問い合わせ金澤翔子美術館
〒 972-0163 いわき市遠野町根岸字横道71番地
TEL 0246-89-2766
FAX 0246-89-2044
メールアドレス shoko.kanazawa@nifty.com
ホームページ http://kanazawa-shoko.jp/museum/index.php
一般旅行者の受入
受入可能期間水曜日(水曜が祝日の場合 翌木曜が休)、年末・年始が休み
受入可能時間10:00~16:00
一回あたりの人数~80名まで
一回あたりの所要時間30分~60分
料金入場料800円(団体20名以上600円)
具体的な内容・震災への思いを込めて書いた作品もある。
備考・事前予約により書道・抹茶などの体験が可能(有料)
海外旅行者の受入

ほかの体験プログラム登録件数 429件

対象件数 429件