> 合宿・宿泊施設検索 > 教育旅行・体験学習プログラム > No.588:日本原子力研究開発機構 楢葉遠隔技術開発センター(双葉郡楢葉町)

教育旅行・体験学習プログラム

No.588日本原子力研究開発機構 楢葉遠隔技術開発センター(双葉郡楢葉町)

学びの狙い

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 楢葉遠隔技術開発センターは、ロボット等の遠隔操作機器の開発や、実証試験等を⾏うことができる施設。東京電⼒ホールディングス株式会社福島第⼀原⼦⼒発電所の廃炉作業に向けたロボット等の開発実証試験、⼀般のロボット等の開発実証試験、関連技術の⼈材育成の他、講演会・会議等にも利⽤可能。

プログラムデータ

エリア 相双
目的 震災・防災学習、産業・職場体験、環境学習
お問い合わせ日本原子力研究開発機構 楢葉遠隔技術開発センター
〒 979-0513 双葉郡楢葉町大字山田岡字仲丸1-22
TEL 0240-26-1040(代表)
FAX 0240-26-1041
メールアドレス naraha_mockup@jaea.go.jp
ホームページ https://naraha.jaea.go.jp/
受入可能期間土・日・祝日、国民の休日、年末年始等は休み
受入可能時間9:00~17:30
一回あたりの人数30名、バーチャル体験は10名まで
一回あたりの所要時間約60分
料金無料
具体的な内容視察・見学内容
a.楢葉遠隔技術開発センター概要説明(10~15分)
b.バーチャルリアリティ(VR)システム(15~20分)
c.試験棟(試験用水槽、モックアップ階段、モーションキャプチャ)(20~25分)

バーチャルリアリティシステムにより東京電⼒ホールディングス株式会社福島第一原子力発電所の原子炉建屋内にいる感覚を体験することが可能。
備考・視察見学の申込は、上記代表電話へ問い合わせの上、所定の申込書に記入し原則2週間前までに提出(提出先は上記メールアドレス)。 

・1回の視察で約30名まで受け入れ可能だが、バーチャル体験施設に入ることができるのは約10名まで。(ただし、人数については要確認。)また、試験や機器類のメンテナンス等があるため見学内容についても要確認。

ほかの体験プログラム登録件数 429件

対象件数 58件

33~40件